VBA技術解説
空白セルを正しく判定する方法2

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2021-03-06

空白セルを正しく判定する方法2


空白セルの判定について、いろいろな方から意見を頂きました。


やはり、空白判定は奥が深く結構難しいものとなっています。

ここでは、各プロパティや関数が、セルの状態によって返す値を再確認してみます。

元記事は、
空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)
・セルの値が空白の判定 ・計算式が入っていない判定 ・エラー値の判定 ・IsEmpty関数:空白を判定するVBA関数 ・TypeName関数:データ型を判定するVBA関数 ・RangeオブジェクトのFormulaプロパティ ・空白セルを正しく判定する方法続編

上記の記事では、


If Not IsError(Cells(i, 1)) Then
  If Not Cells(i, 1).HasFormula Then
    If Cells(i, 1) = "" Then

      '空白
    End If
  End If
End If

上記コードを一応の結論として提示しました。
しかしそれなら、
If IsEmpty(Cells(i, 1)) Then
これで良いのではないかと思われますが、
計算結果が空白("")を値貼り付けした場合に、IsEmptyはFalseを返します。
Excelの機能のジャンプでも、「空白セル」として判定されません。

ジャンプ機能のVBAは、
SpecialCells(xlCellTypeBlanks)
これで取得されるものは、IsEmptyでTrueと判定されるものと同一となります。

さらに、それなら、
Cells(i, 1).Formula = ""

これで判定できるのではないかという事になりました。


以下の表で、
Range
と表記しているものは、セルであるRangeオブジェクトになります。
実際には、Cells(i, 1)等々の記述に置き換えてお読みください。

セルの内容 セル表示状態 Range = "" Len(Range) = 0 Range.
HasFormula
IsError
(Range)
IsEmpty
(Range)
Range = Empty TypeName
(Range)
Range.
Formula = ""
値として"ABC" ABC FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE String FALSE
何も入れていない TRUE TRUE FALSE FALSE TRUE TRUE Emprt TRUE
=1/0 #DIV/0! 型が一致しません。 型が一致しません。 TRUE TRUE FALSE 型が一致しません。 Error FALSE
B4セルを値貼り付け #DIV/0! 型が一致しません。 型が一致しません。 FALSE TRUE FALSE 型が一致しません。 Error FALSE
="" TRUE TRUE TRUE FALSE FALSE TRUE String FALSE
B6セルを値貼り付け TRUE TRUE FALSE FALSE FALSE TRUE String TRUE


空白と判定したいセルの状態によります。
B3セルは、これは空白に間違いはない。
しかし、B6セルとB7セルについては、何をしたいのかによって、
空白として扱うかどうかが変わってくると思います。


元記事の、
空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)
・セルの値が空白の判定 ・計算式が入っていない判定 ・エラー値の判定 ・IsEmpty関数:空白を判定するVBA関数 ・TypeName関数:データ型を判定するVBA関数 ・RangeオブジェクトのFormulaプロパティ ・空白セルを正しく判定する方法続編
こちらと合わせて、実現したい内容にあったプロパティと関数を組み合わせて使用してください。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

セルの値について(Value,Value2,Text)
Excelのバージョンを判断して「名前を付けて保存」
空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)
空白セルを正しく判定する方法2
Rangeオブジェクト.Valueの省略について
シート保護でユーザー操作を制限する
シートに数式を設定する時のセル参照の指定方法
標準モジュールとシートモジュールの違い
オートフィルタ(AutoFilter)の使い方まとめ
複雑な条件(複数除外等)のオートフィルター(AutoFilter)
クリップボードを使わないセルのCopy


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ