ExcelマクロVBA技術解説 | Excelのバージョンを判断して「名前を付けて保存」 | ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2013-07-31

Excelのバージョンを判断して「名前を付けて保存」


Excel2007以降とExcel2003以前ではExcelのファイルフォーマットが違います、

Excel2007以降で2003以前の形式で保存したい場合に問題が発生します。

Excel2007以降で普通に97-2003形式で保存するVBAコードを書くと、

Excel2003以前ではエラーとなってしまいます。


以下のような対応で解決できます。

Const xlExcel8 As Integer = 56
If CInt(Application.Version) < 12 Then
  ThisWorkbook.SaveAs Filename:="ファイルのフルパス", FileFormat:=xlExcel9795
Else
  ThisWorkbook.SaveAs Filename:="ファイルのフルパス", FileFormat:=xlExcel8
End If


xlExcel8は、Excel2007以降で追加されたものですので、

そのまま使用した場合は、2003以前で実行した場合に、未定義エラーが発生します。

そこで、同一名称で、Const定義をしています。

もちろん、Const定義をせずに、

FileFormat:=56

でもOKです。

ただ、後で見た時に、56って何だ?

とならないように、Const定義しておいた方が良いと思います。

さらに、

FileFormat:=xlExcel9795

これも指定は不要ですが、
(2003以前のバージョンの時に動作する行なので、指定する必要はありません)

見た目で理解しやすいように、あえて記述しています。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

最終行・最終列の取得方法(End,CurrentRegion,SpecialCells,UsedRange)
ユーザー定義関数の作り方
セルの値について(Value,Value2,Text)
空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)
空白セルを正しく判定する方法2
Rangeオブジェクト.Valueの省略について
ユーザー操作を制限する(Locked,Protect,ScrollArea)
シートに数式を設定する時のセル参照の指定方法
標準モジュールとシートモジュールの違い
オートフィルタ(AutoFilter)の使い方まとめ

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
Colorプロパティの設定値一覧|VBA技術解説(3月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
6.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • Excelのバージョンを判断して「名前を付けて保存」

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP