VBA技術解説
VBAのインデントについて

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2020-11-11

VBAのインデントについて


インデントについてTwitterで連続ツイートしました。
このツイートを基に、さらに補足を付け加えてまとめたものです。


https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1283295721358151680

VBAのインデントの模範

VBAのインデントについて
過去は違ってたこともあるかもしれませんが、
今現在の私の方針は、
VB.NET(Visual Studio)のインデント「スマート」と同一にしています。

VBA マクロ インデント

これにより自動的に付けられるインデントに合わせているという事です。

VBからVBAは派生したものです。
そしてVB.NETはVB6の後継になります。
Basicという言語としてはVB.NETが最新になります。
そのVB.NETで自動的に付けられるインデントは、つまりMicrosoftが推奨するインデントという事になります。
従って、これを模範にするという事になります。

VBAのブロックについて

インデントの規則は、単純にブロックを下げるだけです。
ただ、VBAで「ブロック」という用語の定義がはっきりしていないので、そこは何とも、、、
実際ブロックという言葉はあまり見かけませんね。
VBAリファレンスでは、Endステートメントの説明で、
「プロシージャまたはブロックを終了させます。」と書かれています。
ブロックという用語は、VBAリファレンスの「VBA用語集」にも記載されていません。

VBAリファレンスの、End ステートメント (VBA) では、
End
End Function
End If
End Property
End Select
End Sub
End Type
End With
あれ、Enumが抜けてないかい、、、
これらと、ForとDoがブロックになります。

余談ですが
本来ならという言い方が良いかどうか、、、
ブロック内の変数宣言はスコープがブロック内に限定されるべきです。
VBAではこの機能がないので、どうにも説明に困る場合が多いと思う。

VBAのインデントの具体例

話をインデントに戻します。
プロシージャーの中はインデントする。
これは良いでしょう。

後は、End ○○とForとDoです。
この大筋は、まあ大抵の人は了解しているだろうと思います。

Type …
  'インデント
End Type


Enum …
  'インデント
End Enum
Sub …()
  'インデント
End Sub
Function …()
  'インデント
End Function
Property …()
  'インデント
End Property
If … Then
  'インデント
End If
Select Case …
  'インデント
End Select
With …
  'インデント
End With


For …
  'インデント
Next
For Each …
  'インデント
Next
Do
  'インデント
Loop

問題は、Select CaseIfでしょうか。
分岐が入るので、少々まぎれが出てきます。

Select Caseステートメント のインデント

Select Case …
  Case …
    '1ブロック
  Case …
    '1ブロック
End Select

Caseの中がブロックなので、これはインデントすべきものですね。
そこで、Caseはどうなのって話です。

VBAリファレンスのサンプルでは、Caseを下げてなかったりします。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/office/vba/language/reference/user-interface-help/select-case-statement

VBA マクロ インデント

VB.NETのサンプルはちゃんと下げられています。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/visual-basic/language-reference/statements/select-case-statement

VBA マクロ インデント

VB.Netのスマートインデントでは、Caseは下げられます。

そもそも、Select Caseを考えた時、

Select Case …
  'ここ全体としてブロック?
End Select

ここはCaseしか記述できない場所です。
ブロックと言えばブロックですが、結局Caseしか記述できないので判然としません。
ここは深く考えずに、見やすさの為と考えれば良いのではないでしょうか。

Ifステートメントのインデント

If … Then
  '1ブロック
ElseIf … Then
  '1ブロック
Else
  '1ブロック
EndIf

もしここで、Else[If]を下げてしまうと、
最初のThenのブロックと位置が合わなくなります。

If … Then
  '1ブロック
  ElseIf … Then
    '1ブロック
  Else
    '1ブロック
EndIf

最初のThenブロックを2段下げるのも変ですしね。
(過去には2段下げを見た覚えもあるけど)

If … Then
    '1ブロック
  ElseIf … Then
    '1ブロック
  Else
    '1ブロック
EndIf


その他としては、
継続行のインデントと、VBAでは人によってインデントしているものもあります。

継続行のインデント

継続行の開始位置には定めがありません。
必ず一定のインデントは入れますが、いくつ入れるかは都度変わってきます。
ただし、継続行が複数行になる場合は先頭を揃えます。

Sub sample(ByVal arg1 As String, _
      ByVal arg2 As Long, _
      ByVal arg3 As Variant)
  Cells(1, 1) = Cells(1, 2) _
        + Cells(1, 3) _
        + Cells(1, 4)
End Sub

このように、上行の丁度きりの良い位置にあわせる場合が多いです。
ただし1行の長さによっては、単純に1段だけしか下げない場合も多々あります。

人によってインデントしている

時々良く見かけるのが、

Open …
  'インデント
Close

これは私はやりませんが、
1ファイル限定で、これが見やすいと思うなら、VBAではこれでも良いと思います。
VB.NETの自動インデントでは、勝手にインデントで下げたりできません。
※ちなみにVB.NETにOpenはありません。

インデントの最後に

私のインデント規則は以上です。
ありふれた書き方だと思います。

インデントは、あくまで見やすさのためにあるものです。
特にVBAでは、あまり厳密に考える必要は無いと思います。
全体として統一されていて、見やすくなっていれば良いと思います。



同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

手動計算時の注意点と再計算方法
VBAの用語について:ステートメントとは
オブジェクト変数とは何か
VBAの少数以下の演算誤差について
スピルでVBAの何が変わったか
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト
ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定
印刷範囲の設定・印刷範囲のクリア
VBAの省略可能な記述について
VBAのVariant型について
VBAのインデントについて


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBA100本ノック 22本目:FizzBuzz発展問題|VBA練習問題100(11月11日)
VBA100本ノック 21本目:バックアップファイルの削除|VBA練習問題100(11月11日)
VBA100本ノック 20本目:ブックのバックアップ|VBA練習問題100(11月6日)
VBA100本ノック 19本目:図形のコピー|VBA練習問題100(11月6日)
VBA100本ノック 18本目:名前定義の削除|VBA練習問題100(11月6日)
VBA100本ノック 17本目:重複削除(ユニーク化)|VBA練習問題100(11月6日)
VBA100本ノック 16本目:無駄な改行を削除|VBA練習問題100(11月5日)
VBA100本ノック 15本目:シートの並べ替え|VBA練習問題100(11月4日)
VBA100本ノック 14本目:社外秘シート削除|VBA練習問題100(11月3日)
VBA100本ノック 13本目:文字列の部分フォント|VBA練習問題100(11月1日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ