VBA技術解説
印刷範囲の設定・印刷範囲のクリア

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2021-01-25

印刷範囲の設定・印刷範囲のクリア


印刷に不必要なデータが含まれているワークシートの場合、適切なセル範囲を印刷範囲として設定します。


VBA マクロ 印刷範囲の設定 印刷範囲のクリア

印刷範囲を設定するには、WorkSheetオブジェクトのPageSetupオブジェクトのPrintAreaプロパティを使用します。
VBAでの印刷およびPageSetupオブジェクトの詳細については以下を参照してください。
第71回.印刷(PrintOut)|VBA入門
・PrintOutメソッド ・PrintOutメソッドの使用例 ・印刷時にプリンターを選択したい場合 ・印刷総ページ数の取得 ・間違った印刷を大量に行わないわない為には
第72回.印刷プレビュー(PrintPreview)|VBA入門
・PrintPreviewメソッド ・PrintOutメソッドの使用 ・PrintPreviewメソッドとPrintOutメソッドの使い分け
第139回.エクスポート(PDF/XPS)|VBA入門
・PDFとは、XPSとは ・ExportAsFixedFormatメソッド ・PDFのオプションについて ・ExportAsFixedFormatの使用例
第73回.ページ設定(PageSetup)|VBA入門
・PageSetupオブジェクト ・PrintCommunicationプロパティ ・ヘッダー・フッターのプロパテの設定方法 ・余白の設定方法 ・印刷範囲の設定/クリア:PrintArea ・総ページ数:Pages.Count ・改ページの位置を設定:PageBreak ・最後に


印刷範囲の設定

印刷範囲を設定するには、PrintAreaプロパティにセル範囲のセルアドレスを代入します。
設定する値は、印刷するセル範囲をA1形式の文字列で設定します。



ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "A1:F30"

印刷範囲がRangeオブジェクトに入っている場合は、Addressプロパティで取得したセルアドレスを使用します。
Addressプロパティは、セル範囲(Rangeオブジェクト)の参照範囲を表す文字列の値を返します。引数により、参照方法($の付いた絶対参照)や形式(R1C1形式)を指定できます。Addressは、マクロVBAの中で処理の一環として使う事はあまり多くないかもしれませんが、VBA作成過程ではRangeオブジェクト変数…

Dim myRange As Range
Set myRange = Range("A1:F30")
ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = myRange.Address

印刷範囲の取得

PrintAreaプロパティの設定値を取得することができます。

Debug.Print ActiveSheet.PageSetup.PrintArea

イミディエイト ウィンドウに印刷範囲のセルアドレスがA1形式で出力されます。
印刷範囲が設定されていない場合は空文字""が出力されます。

印刷範囲を増減させるVBAサンプル


Sub setPrintArea(ByVal ws As Worksheet, _
         ByVal addRows As Long)
  '印刷範囲が未設定の場合はUsedRangeを設定する
  If ws.PageSetup.PrintArea = "" Then
    ws.PageSetup.PrintArea = ws.UsedRange.Address
    Exit Sub
  End If
  '現在の印刷範囲を引数で指定された行数増減させる
  Dim myRange As Range
  Set myRange = ws.Range(ws.PageSetup.PrintArea)
  Set myRange = myRange.Resize(RowSize:=myRange.Rows.Count + addRows)
  ws.PageSetup.PrintArea = myRange.Address
End Sub

引数で指定されたWorkSheetの印刷範囲を取得し、引数で指定された行数を増減させています。
現在の印刷設定のセルアドレスでRangeオブジェクトを作成し、Resizeで行数を変更しています。
使い方は、以下のようになります。

Sub sample()
  Call setPrintArea(ActiveSheet, 3)
End Sub

現在の印刷範囲を3行増やしています。

印刷範囲のクリア

PrintAreaプロパティに""代入することで印刷範囲をクリアできます。

ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = ""

Falseを代入することでも印刷範囲をクリアできます。

ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = False



同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

VBAの用語について:ステートメントとは
オブジェクト変数とは何か
VBAの小数以下の演算誤差について
スピルでVBAの何が変わったか
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト
ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定
印刷範囲の設定・印刷範囲のクリア
VBAの省略可能な記述について
VBAのVariant型について
VBAのインデントについて
VBAの演算子まとめ(演算子の優先順位)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

TOROW関数(配列を横1行の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
TOCOL関数(配列を縦1列の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
CHOOSECOLS関数(配列から複数の指定された列を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
CHOOSEROWS関数(配列から複数の指定された行を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
WorksheetFunctionの効率的な使い方とスピル新関数の利用|VBA入門(2022-10-27)
VSTACK関数(配列を縦方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
HSTACK関数(配列を横方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(配列操作関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(ヘルパー関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題集|エクセル入門(2022-10-24)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
9.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ