ExcelマクロVBAサンプル集
数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦№5

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2017-11-26

数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦№5


数独をExcelマクロVBAで解いてみます№5、
メイン処理を書いて完成になります。


メイン処理のSub

シートのA1~I9を配列(1 To 9, 1 To 9)に入れる。
trySuを呼ぶ・・・再帰プロシージャー
配列(1 To 9, 1 To 9)をシートのA1~I9に入れる。


Sub main()
  Dim SuAry(1 To 9, 1 To 9) As Integer
  Dim i1 As Integer
  Dim i2 As Integer
  
  Erase SuAry
  For i1 = 1 To 9
    For i2 = 1 To 9
      If Cells(i1, i2) = "" Then
        Cells(i1, i2).Font.Color = vbBlue
      Else
        SuAry(i1, i2) = Cells(i1, i2)
      End If
    Next
  Next
  
  Call trySu(SuAry)
  
  Range("A1:I9").Value = SuAry
  
  If getBlank(SuAry(), i1, i2) = False Then
    MsgBox "解読成功"
  Else
    MsgBox "あれれ・・・"
  End If
End Sub
最初に、数値の入っていないセルの文字色を変更して見やすくしています。

一応最期で、全て埋まっているかを確認しています。

数独の問題で、解が存在しない場合があるのか、ちょっと私には分かりません・・・

また、

逆に、複数の解が存在する場合は、当然あるでしょう。

ここでは、最初に見つかった時点で終了しています。

複数の解を求める場合は、


前回の、trySu、の中の、

If trySu(SuAry) = True Then
  trySu = True
  Exit Function
End If

このExitを消すと、解が見つかっても、続けて次に進みます。

そこで、同じく、trySu、の中の、

If getBlank(SuAry(), i1, i2) = False Then
  trySu = True
  ' ここでシートへ
  Exit Function
End If

このExitの直前に、シートに書き出してやるよわうにすれば良いはずです。

興味があれば、チャレンジしてみて下さい。

いずれにしろ、解けない問題はないと思うのですが、

あまり、数独には詳しくないので、なんとも・・・

もし、不都合な点があれば、メールでも貰えるとありがたいです。

これで完成です。


途中結果を表示しなければ、

予想より処理速度は速かったと感じました。

でも、のんびり途中結果をみるもの悪くないですね。

いろいろな問題で試してみて下さい。

数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦 №1 №2 №3 №4 №5



以下では、このアルゴリズムを再検証し、より効率的なロジックへ変更しています。

数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証

上記の変更で、大抵の問題は瞬時に溶けるようになっています。


数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証
数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムを例にアルゴリズムの要点とそれによるパフォーマンスを検証します。一旦は完結したのですが見直す機会がありほんの少し改善しました。OptionExplicit PrivatetryCntAsLong Submain() Debug.PrintTimer DimSuAry(1To9,
こちらの最終完成版のダウンロード



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

エクセルでファイル一覧を作成
アメブロの記事本文をVBAでバックアップする№6
数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦№5
数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証№4
ナンバーリンク(パズル)を解くVBAに挑戦№8
ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善№3
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう№9
他ブックへのリンクエラーを探し解除するマクロ(変更前)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦№5

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ