ExcelマクロVBA関数 | LBound関数 | Excelマクロで必須のVBA関数を入門・初級・初心者向けに詳細解説



最終更新日:2013-06-14

LBound関数


LBound関数は、配列の指定された次元で使用できる最小の添字を、長整数型(Long)の値で返します。

LBound関数

LBound(arrayname[, dimension])

arrayname
必ず指定します。

配列変数の名前です。
変数の標準的な名前付け規則に従って指定します。

dimension
省略可能です。
バリアント型 (内部処理形式 Long の Variant) の値を指定します。
添字の最小値を調べる対象となる配列の次元を示す整数を指定します。
最初の次元なら 1、2 番目の次元なら 2、というように指定します。
省略すると、1 が指定されたものと見なされます。

LBound 関数は、UBound 関数と組み合わせて、配列のサイズを調べるために使います。
配列の添字の最大値を調べるには、UBound 関数を使います。

注意

配列の添字の最小値の既定値は、0 または 1 です。
この値は、Option Base ステートメントの設定によって決まります。
Array 関数で作成された配列の添字は、0 から始まり、Option Base ステートメントの影響は受けません。
Dim、Private、Public、ReDim、Static のいずれかのステートメントでTo節を使って配列の次元を設定すると、添字の最小値に任意の整数値を指定できます。

使用例.

Dim MyArray
MyArray = Array("A", "B", "C", "D", "E")
MsgBox LBound(MyArray) ・・・ 0

Dim A(1 To 100, 0 To 3, -3 To 4)
UBound(A, 1) ・・・ 1
UBound(A, 2) ・・・ 0
UBound(A, 3) ・・・ -3

※VBA関数一覧




同じテーマ「マクロVBA関数」の記事

Array関数
Filter関数
Join関数
UBound関数
Split関数
Fix関数
Int関数
Rnd関数
Round関数
Date関数

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
Colorプロパティの設定値一覧|VBA技術解説(3月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
6.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • LBound関数

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP