VBA関数
TimeValue関数

Excelマクロで必須のVBA関数を入門・初級・初心者向けに詳細解説
最終更新日:2013-06-14

TimeValue関数


TimeValue関数は、時刻を表す文字列式を時刻に変換します、
バリアント型 (内部処理形式 Date の Variant) の値を返します。


TimeValue関数

TimeValue(time)

time
必ず指定します。 引数 time には、通常 0:00:00 (12:00:00 AM) ~ 23:59:59 (11:59:59 PM) の範囲の時刻を表す文字列式を指定します。
また、この範囲で時刻を表す任意の式を指定することもできます。引数 time に Null 値が含まれると、Null 値を返します。

有効な時刻と認識されない場合はエラーとなります。

引数 time が日付の値を含む場合、TimeValue 関数はその日付を戻り値に含めません。
ただし、引数 time に正しくない値を指定したときには、エラーが発生します。

使用例.

TimeValue("10:25:45") ・・・ 10:25:45
TimeValue("10時25分45秒") ・・・ 10:25:45
TimeValue("10:25:45PM") ・・・ 22:25:45

※VBA関数一覧

VBA関数の一覧と解説です、どんな関数があるかは一度は確認しておくとをお勧めいたします。どんな関数があるだけでも知っておけば、詳細の使い方は実際に使うときに調べても良いでしょう。文字列操作…34 分岐…3 型変換…14 データ判定…10 日付時刻…20 配列…6 ファイル操作…14 数学/財務…28 その他…18 MicrosoftDocsOfficeV…



同じテーマ「VBA関数」の記事

Time関数

Time関数は、現在のシステムの時刻を返します、バリアント型(内部処理形式DateのVariant)の値を返します。Time関数 Time システムの時刻を設定するときは、Timeステートメントを使います。使用例. MsgBoxTime…10:25:45現在の時刻 ※VBA関数一覧
Timer関数
Timer関数は、午前0時(真夜中)から経過した秒数を表す単精度浮動小数点数型(Single)の値を返します。Timer関数 Timer MicrosoftWindowsでは、Timer関数は小数点以下の値も返します。Macintoshでは、小数点以下の値は返されません。
TimeSerial関数
TimeSerial関数は、引数で指定した時、分、秒に対応する時刻を返します、バリアント型(内部処理形式DateのVariant)の値を返します。TimeSerial関数 TimeSerial(hour,minute,second) hour 必ず指定します。
TimeValue関数
Weekday関数
Weekday関数は、何曜日であるかを表す整数を返します、バリアント型(内部処理形式IntegerのVariant)の値を返します。Weekday関数 Weekday(date,[firstdayofweek]) date 必ず指定します。
WeekdayName関数
WeekdayName関数は、指定された曜日を表す文字列を返します。WeekdayName関数 WeekdayName(weekday,abbreviate,firstdayofweek) weekday 必ず指定します。曜日を示す数値を指定します。
Year関数
Year関数は、日付から年の値を返します、バリアント型(内部処理形式IntegerのVariant)の値を返します。Year関数 Year(date) date 必ず指定します。引数dateには、日付を表すバリアント型(Variant)の値、数式、文字列式、またはこれらを組み合わせた値を指定します。
Array関数
Array関数は、配列が格納されたバリアント型(Variant)の値を返します。Array関数 Array(arglist) arglist 必ず指定します。引数arglistには、値のリストをカンマ(,)で区切って指定します。
Filter関数
Filter関数は、指定されたフィルタ条件に基づいた文字列配列のサブセットを含むゼロベースの配列を返します。Filter関数 Filter(sourcesrray,match[,include[,compare]]) sourcearray 必ず指定します。
Join関数
配列に含まれる各要素の内部文字列を結合して作成される文字列を返します。Join関数 Join(sourcearray[,delimiter]) sourcearray 必ず指定します。結合する文字列を含む1次元配列を指定します。
LBound関数
LBound関数は、配列の指定された次元で使用できる最小の添字を、長整数型(Long)の値で返します。LBound関数 LBound(arrayname[,dimension]) arrayname 必ず指定します。配列変数の名前です。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ツイッターで出されたVBAのお題をやってみた|エクセル雑感(1月13日)
イベントプロシージャーの共通化(Enter,Exit)|ユーザーフォーム入門(1月13日)
Rangeオブジェクトの論理演算(差集合と排他的論理和)|VBA技術解説(1月10日)
イベントプロシージャーの共通化|ユーザーフォーム入門(1月7日)
コントロールの動的作成|ユーザーフォーム入門(1月6日)
Evaluateメソッド(文字列の数式を実行します)|VBA技術解説(1月5日)
エクスポート(PDF/XPS)|VBA入門(1月2日)
分析関数(OVER句,WINDOW句)|SQL入門(12月25日)
取得行数を限定するLIMIT句|SQL入門(12月21日)
外部ライブラリ(ActiveXオブジェクト)|VBA入門(12月21日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ