VBA練習問題解答
練習問題19(総合練習1)解答

Excelマクロ練習問題集、エクセルVBAの学習教材
最終更新日:2020-10-16

練習問題19(総合練習1)解答

マクロVBA練習問題19の回答ページです。


マクロVBA練習問題

・下記表の空欄を全て埋めて下さい。
・客単価は、小数以下1桁で表示。
・1週間の合計の客単価より低い日の客単価は赤字にして下さい。

※客単価 = 売上 ÷ 客数

練習問題用のExcelファイル
  A     B     C    D
   月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日 合計
第1週    日付 1月30日 1月31日 2月1日 2月2日 2月3日 2月4日 2月5日  
売上 74,233 51,133 55,347 19,689 56,239 49,860 61,796  
客数 81 71 49 90 88 51 14  
客単価                
第2週    日付 2月6日 2月7日 2月8日 2月9日 2月10日 2月11日 2月12日  
売上 75,717 54,261 57,582 20,892 55,137 47,925 59,398  
客数 80 67 51 91 91 49 15  
客単価                
第3週    日付 2月13日 2月14日 2月15日 2月16日 2月17日 2月18日 2月19日  
売上 77,231 52,155 53,199 20,082 51,958 50,857 63,031  
客数 83 66 50 89 90 50 13  
客単価                
第4週    日付 2月20日 2月21日 2月22日 2月23日 2月24日 2月25日 2月26日  
売上 72,778 53,198 56,453 20,483 52,997 48,883 60,585  
客数 79 69 52 92 92 51 14  
客単価                
合計   売上                
客数                
客単価                

※上記表の全体を選択し、コピー(Ctrl+C)の後、エクセルのシートのA1セルに貼り付け(Ctrl+V)してください。

では、お考えください。
すぐに解答を見ずに、必ず自力で書けるとこまででも良いので書きましょう。

シンキングタイム

シンキングタイム開始


シンキングタイム終了


当サイトのコンテンツ
ExcelマクロVBA入門
マクロVBA入門シリーズでは、ExcelマクロVBAを実務で自在に使いこなし業務を効率化できるようになることを目的として、始めはより詳しく丁寧に解説しつつ少しずつ難易度を上げることで無理なく学習を進められるようにしています。マクロとはエクセルの操作を自動化する機能で、中身はVBAで記述されます。

書くべきマクロVBAが分からない時は、
ここでじっくり勉強してから再チャレンジしてください。

マクロVBA練習問題解答

では解答のマクロVBAコードです。
※.Valueは適宜省略しています。



Sub 練習問題19()
  Dim i As Long
  Dim j As Long
  Dim ix As Long

  '全体のfont色をリセット
  Range("A1:J20").Font.ColorIndex = xlAutomatic
  '合計欄の消去
  Range("J2:J20").ClearContents
  Range("C18:I20").ClearContents
   '合計単価の小数設定
  Range("C20:I20").NumberFormatLocal = "0.0"

  '4週
  For i = 1 To 4
    ix = (i - 1) * 4 + 2 '日付の行位置
    '単価の消去と小数設定
    With Range(Cells(ix + 3, 3), Cells(ix + 3, 10))
      .NumberFormatLocal = "0.0"
      .ClearContents
    End With
    '7列
    For j = 3 To 9
      '横合計と客単価
      Cells(ix + 1, 10) = Cells(ix + 1, 10) + Cells(ix + 1, j)
      Cells(ix + 2, 10) = Cells(ix + 2, 10) + Cells(ix + 2, j)
      Cells(ix + 3, j) = Cells(ix + 1, j) / Cells(ix + 2, j)
      '縦合計
      Cells(18, j) = Cells(18, j) + Cells(ix + 1, j)
      Cells(19, j) = Cells(19, j) + Cells(ix + 2, j)
      '縦合計の客単価
      If i = 4 Then
        Cells(20, j) = Cells(18, j) / Cells(19, j)
      End If
    Next
    '横合計の客単価
    Cells(ix + 3, 10) = Cells(ix + 1, 10) / Cells(ix + 2, 10)
    For j = 3 To 9
      If Cells(ix + 3, j) < Cells(ix + 3, 10) Then
        Cells(ix + 3, j).Font.Color = vbRed
      End If
    Next
    '縦横合計
    Cells(18, 10) = Cells(18, 10) + Cells(ix + 1, 10)
    Cells(19, 10) = Cells(19, 10) + Cells(ix + 2, 10)
  Next

  '縦横合計の客単価
  Cells(20, 10) = Cells(18, 10) / Cells(19, 10)
End Sub

難しくはないですが、結構面倒な処理になります。
縦横の順番や書き方はいろいろあります。
Worksheetfunction.Sumを使うような方法もあり得ます。
いろいろな書き方に挑戦してみて下さい。



同じテーマ「マクロVBA練習問題解答」の記事

練習問題16(WorksheetFunctionの練習)解答
練習問題17(ブック・シートの操作の練習)解答
練習問題18(Dir関数の練習)解答
練習問題19(総合練習1)解答
練習問題20(総合練習2)解答
練習問題21(総合練習3)解答
練習問題22(総合練習4)解答
練習問題23(総合練習5)解答
練習問題24(再帰呼出し)解答
練習問題25(各種VBA関数)解答
練習問題26(全シート処理とハイパーリンク)解答


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

セル値でパス・ブック・シート名を指定|Power Query(M言語)入門(2023-02-07)
別ブックのシートを列可変で取り込む|Power Query(M言語)入門(2023-02-06)
ExcelとVBAの入門解説|エクセルの神髄(2022-12-14)
文字列のプロパティ名でオブジェクトを操作する方法|VBA技術解説(2022-12-14)
数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
4.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
9.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
10.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ