VBA練習問題解答
練習問題17(ブック・シートの操作の練習)解答

Excelマクロ練習問題集、エクセルVBAの学習教材
最終更新日:2019-11-03

練習問題17(ブック・シートの操作の練習)解答

マクロVBA練習問題17の解答ページです。

マクロVBA練習問題

※まず最初に
 A列にパス、B列にブック名(エクセルのファイル名)を、
 実際のあなたのPC環境に合わせて入力して下さい。

・シート「練習17_回答」を新規に追加し、
 そのA列にブック名
 B列にそのブックの全シート名の一覧を入れて下さい。
・繰り返し実行できるように、
 シート「練習17_回答」が既に存在した場合は、
 一旦削除してから、シート追加して下さい。

練習問題用のExcelファイル
 A     B

パス ブック名
C:\User Book1.xls
C:\User サンプル.xls
C:\User test.xls
   
   

※上記表の全体を選択し、コピー(Ctrl+C)の後、エクセルのシートのA1セルに貼り付け(Ctrl+V)してください。

以下が完成イメージです。
マクロ VBA サンプル画像

では、お考えください。
すぐに解答を見ずに、必ず自力で書けるとこまででも良いので書きましょう。

シンキングタイム

シンキングタイム開始


シンキングタイム終了

当サイトのコンテンツ
ExcelマクロVBA入門
VBAはExcelの操作を自動化するマクロ機能で使われているプログラミング言語です。「VisualBasicApplications」の略になります。マクロVBA入門シリーズでは、始めはより詳しく丁寧に解説し、少しずつ難易度を上げることで無理なく学習を進められるようにしています。

書くべきマクロVBAが分からない時は、
ここでじっくり勉強してから再チャレンジしてください。

マクロVBA練習問題解答

では解答のマクロVBAコードです。
※.Valueは適宜省略しています。

Sub 練習問題17()
  Dim i As Long
  Dim j As Long
  Dim wb As Workbook
  Dim ws As Worksheet
  Dim wsAns As Worksheet
  Application.DisplayAlerts = False
  For Each ws In Worksheets
    If ws.Name = "練習17_回答" Then
      ws.Delete
      Exit For
    End If
  Next
  Application.DisplayAlerts = True
  Worksheets.Add after:=Worksheets("練習17")
  Set wsAns = ActiveSheet
  With wsAns
    .Name = "練習17_回答"
    .Cells(1, 1) = "ブック名"
    .Cells(1, 2) = "シート名"
  End With
  j = 2
  With Worksheets("練習17")
    For i = 2 To .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
      Set wb = Workbooks.Open(.Cells(i, 1) & "\" & .Cells(i, 2))
      wsAns.Cells(j, 1) = wb.Name
      For Each ws In wb.Sheets
        wsAns.Cells(j, 2) = ws.Name
        j = j + 1
      Next
      wb.Close SaveChanges:=False
    Next
  End With
End Sub

Application.DisplayAlerts = True
のタイミングは、どこでも良いですし、書かなくても問題ありません。
でも、なるべく適切な位置に書くようにしましょう。

For~Each
ではなく、
For カウンター = 1 To Worksheets
・・・
Next
での処理も書けるようにしておきましょう。
シート削除なら



For i = 1 To Worksheets.Count
  If Worksheets(i).Name = "練習17_回答" Then
    Worksheets(i).Delete
    Exit For
  End If
Next

シート操作はマクロVBAにおいて頻繁に行われる基本事項になります。
決して難しくはなく、ほとんど定型文として使いまわせるものです。

以下も参考にして下さい。

ExcelマクロVBA入門.第54回.Windowオブジェクト
Windowオブジェクトは、ブックやシートの見方を変えることのできるもので、エクセルで「ウインドウ」と表現されているものをマクロVBAで扱う時のオブジェクトになります。エクセルのリボンでは「新しいウインドウ」や「ウインドウ枠」といった言葉で表現されているものです。
ExcelマクロVBA入門.第58回.コレクションとは
同種のオブジェクトを複数まとめたものを「コレクション」と呼びます、コレクションもオブジェクトの一種です。例えば、Workbookオブジェクトが複数まとまったものは「Workbooksコレクション」Worksheetオブジェクトが複数まとまったものは「Worksheetsコレクション」オブジェクト名が単数形であるのに対し、
ExcelマクロVBA入門.第59回.コレクション処理(For Each)
ForEachは、コレクションの各要素に対して繰り返し処理を実行します。コレクションはオブジェクトの集まりですので、ForEachは、コレクションの中から、個別のオブジェクトを取り出して処理する場合に使用します。コレクションの全ての要素に対しての処理が終わるとループは終了します。
ExcelマクロVBA入門.第65回.シートの追加、名前の変更(Add,Name)
VBAでシートを挿入(新規追加)したり、名前を変更する場合の解説です。シートを挿入すれば、大抵の場合はシート名も変更することになりますので、シート挿入→シート名変更、この一連のVBAをセットで覚えておきましょう。シートの挿入 VBAでシートを挿入するには、Sheets.Addメソッド、Worksheets.Addメソッドを使います。
ExcelマクロVBA入門.第66回.シートのコピー・移動・削除(Copy,Move,Delete)
シートをコピーや移動をしたり、また削除する場合の説明です、VBAでは、雛形シートをコピーして使ったり、不要なシートを削除することは頻繁にあります。シートのコピー・移動には、Worksheet.Copyメソッド、Worksheet.Moveメソッド これら、WorkSheetオブジェクトのメソッドを使用します。



同じテーマ「マクロVBA練習問題解答」の記事

練習問題14(行の挿入・削除の練習)解答
練習問題15(Withとオブジェクト変数の練習)解答
練習問題16(WorksheetFunctionの練習)解答
練習問題17(ブック・シートの操作の練習)解答
練習問題18(Dir関数の練習)解答
練習問題19(総合練習1)解答
練習問題20(総合練習2)解答
練習問題21(総合練習3)解答
練習問題22(総合練習4)解答
練習問題23(総合練習5)解答
練習問題24(再帰呼出し)解答


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBA100本ノック 18本目:名前定義の削除|VBA練習問題100(11月6日)
VBA100本ノック 17本目:重複削除(ユニーク化)|VBA練習問題100(11月6日)
VBA100本ノック 16本目:無駄な改行を削除|VBA練習問題100(11月5日)
VBA100本ノック 15本目:シートの並べ替え|VBA練習問題100(11月4日)
VBA100本ノック 14本目:社外秘シート削除|VBA練習問題100(11月3日)
VBA100本ノック 13本目:文字列の部分フォント|VBA練習問題100(11月1日)
VBA100本ノック 12本目:セル結合を解除|VBA練習問題100(10月31日)
VBA100本ノック 11本目:セル結合の警告|VBA練習問題100(10月30日)
VBA100本ノック 10本目:行の削除|VBA練習問題100(10月29日)
VBA100本ノック 9本目:フィルターコピー|VBA練習問題100(10月28日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ