エクセル入門
入力規則.文字列の長さ指定

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2013-09-04

入力規則.文字列の長さ指定


エクセル入門 > 入力規則 > 文字列の長さ指定



入力文字列の長さを制限するようにセルに入力規則を設定します。



設定するセルを選択



データ



データの入力規則



設定タブ



入力値の種類のドロップダウンで、
・文字列(長さ指定)



データのドロップダウンで、
・次の値の間

・次の値の間以外
・次の値に等しい
・次の値に等しくない
・次の値より大きい
・次の値より小さい
・次の値以上
・次の値以下
この中から選択



最小値、最大値を入力
データの選択次第で、
  最小値と最大値の両方を入力
  最小値のみ入力
  最大値のみ入力
  と分かれます。



OK、これで完了。


※空白を無視する

「空白を無視する」のチェックは初期としてチェックが付いています。
「データ」において、1以上としても、この「空白を無視する」にチェックが付いている場合は、
長さ0の文字列(数式バーで、何も入力していない状態)を入れる事が出来てしまいます。
従って、
「データ」で1以上、「空白を無視する」のチェックを外すことで、長さ0の文字列が入れられなくなります。
ただし、入力済の文字を「Delete」キーで消すことは出来てしまいます。


※コピー&ペーストで値貼り付けした場合には、入力規則の制限にかかわらず入力出来てしまいます。





同じテーマ「エクセル入門」の記事

入力規則.整数・小数点数
入力規則.リスト
入力規則.日付・時刻
入力規則.文字列の長さ指定
入力規則.重複を許可しない
入力規則.日本語入力
数式とは
絶対参照と相対参照
SUM関数(引数を合計)
IF関数(条件を満たしているかどうかを判定)
関数のネスト

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧|VBA技術解説(1月20日)
VBAでファイルを規定のアプリで開く方法|VBA技術解説(1月20日)
ドキュメントプロパティ(BuiltinDocumentProperties,CustomDocumentProperties)|VBA技術解説(1月19日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • 入力規則.文字列の長さ指定

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ