エクセル入門
入力規則.重複を許可しない

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2013-09-04

入力規則.重複を許可しない


エクセル入門 > 入力規則 > 入力規則.重複を許可しない



既に入力済の値と同一の値は入力できないようにセルに入力規則を設定します。


以下ではAにおいて、重複を許可しないようにします。

A列全体を選択



データ



データの入力規則



設定タブ



入力値の種類のドロップダウンで、
・ユーザー設定



数式で、
=COUNTIF(A:A,A1)=1



OK、これで完了。


※数式

A1セルがアクティブセルとなっているので、A1セルに対する数式として入力します。
=COUNTIF(A:A,A1)=1
これは、A列において、
アクティブセル(A1)のセル値と同一のセルが1つのだけの場合にOKとなります。
結果として、重複している場合は、この値が2となり、入力できなくなります。


※コピー&ペーストで値貼り付けした場合には、入力規則の制限にかかわらず入力出来てしまいます。




同じテーマ「エクセル入門」の記事

入力規則.リスト

セルにドロップダウンリストが表示されるようにセルに入力規則を設定します。設定するセルを選択 データ データの入力規則 設定タブ 入力値の種類のドロップダウンで・リスト 元の値 ・半角カンマ(,)でリストを区切って入力 ・セル範囲をマウスドラッグで選択 ・半角イコール(=)に続けて名前定義の名前を入力 いずれかの操作を行う。
入力規則.日付・時刻
日付または時刻のみ入力出来るようにセルに入力規則を設定します。設定するセルを選択 データ データの入力規則 設定タブ 入力値の種類のドロップダウンで・日付 または ・時刻 データのドロップダウンで・次の値の間 ・次の値の間以外 ・次の値に等しい ・次の値に等しくない ・次の値より大きい ・次の値より小さい ・次の値以上 ・次の値以下 この中から選択 最小値
入力規則.文字列の長さ指定
入力文字列の長さを制限するようにセルに入力規則を設定します。設定するセルを選択 データ データの入力規則 設定タブ 入力値の種類のドロップダウンで・文字列(長さ指定) データのドロップダウンで・次の値の間 ・次の値の間以外 ・次の値に等しい ・次の値に等しくない ・次の値より大きい ・次の値より小さい ・次の値以上 ・次の値以下 この中から選択 最小値
入力規則.重複を許可しない
入力規則.日本語入力
セルを選択した時日本語入力(IME)の状態を自動的に切り替えるようにセルに入力規則を設定します。設定するセルを選択 日本語入力 日本語入力で・コントロールなし ・オン ・オフ(英語モード) ・無効 ・ひらがな ・全角カタカナ ・半角カタカナ ・全角英数字 ・半角英数字 この中から選択 OKこれで完了。
数式とは
ワークシートのセルに入力する数式とは =の後に書かれた内容に従って導き出された結果を、そのセルに入れるものです。必ず=から書きはじめます。=の後ろには、セル参照、関数、定数(文字定数、数値定数)、そして、演算子が指定できます。
絶対参照と相対参照
数式において、セル参照を使用すると、C5 のように、列記号の後ろに行番号が付いた形になります。ただし、これは、C5セル(C列5行目のセル)に特定しているわけではありません。あくまで、数式を入力したセル位置からの位置関係を表しています。
SUM関数(引数を合計)
引数に指定された数値を全て合計します。引数には、セル参照(単一セル、セル範囲)、数値定数、関数が指定できます。書式 SUM(数値1[,数値2,…]) ※[]で囲まれている部分は省略可能です。使用例 =SUM(A1:A5)…A1セルからA5セルを合計します。
IF関数(条件を満たしているかどうかを判定)
指定された条件を判定し、条件が満たされている場合(正しい場合、真の場合、TRUEの場合)と、条件が満たされていない場合(正しくない場合、偽の場合、FALSEの場合)、それぞれ別の値を返します。書式 IF(論理式,真の場合,偽の場合) 論理式 真または偽のどちらかに評価できる式を指定します。
関数のネスト
関数の引数に、さらに関数を入れる事をネスト(入れ子)と言います。関数のネストは、Excel2003までは、最大7 Excel2007以降では、最大64 となっています。しかし、複雑なネストは関数を難解なものとしてしまい、後々の変更や、他人が見た時に解らなくなってしまいます。
SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計)
範囲の中で、指定した条件を満たすセルの値を合計します。または、範囲の中で、指定した条件を満たすセルに対応する合計範囲のセルの値を合計します。書式 SUMIF(範囲,検索条件[,合計範囲]) ※[]で囲まれている部分は省略可能です。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 入力規則.重複を許可しない

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ