エクセル入門
MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数(指定値の倍数)

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2021-07-19

MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数(指定値の倍数)


MROUND関数:指定された値の倍数になるように,、0から遠い方の値に丸めます。
CEILING関数:指定された値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。
FLOOR関数:指定された値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り捨てます。


MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数の書式

MROUND(数値, 倍数の基準値)

CEILING(数値, 倍数の基準値)

FLOOR(数値, 倍数の基準値)

※第二引数の用語について

ヘルプでは、MROUNDは倍数、CEILINGとFLOORは基準値と記されています。

数値

丸めの対象となる数値を指定します。

倍数の基準値

倍数の基準となる数値を指定します。


数値と倍数の符号が異なる場合は、計算結果はエラー値になります (#NUM!)

MROUND関数
数値を倍数で割った剰余が倍数の半分以上である場合は、0 から遠い方の値に丸められます。


Officeサポートに以下のように記載されています。
既知の制限事項
倍数の引数に 10 進値を指定すると、中間値の数値の丸めの方向が定義されません。
たとえば、MROUND(6.05,0.1) は 6.0 を返し、MROUND(7.05,0.1) は 7.1 を返します。

CEILING関数
指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。

FLOOR関数
数値の符号が正の場合、切り捨てられた値の絶対値は数値より小さくなります。
数値の符号が負の場合、切り捨てられた値の絶対値は、数値より小さくなります。

MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数の使用例

MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数の結果は以下のようになります。

数値 基準値 MROUND CEILING FLOOR
10 3 9 12 9
-10 -4 -12 -12 -8
13.3 2.5 12.5 15 12.5
16:22 0:15 16:15 16:30 16:15
16:28 0:15 16:30 16:30 16:15

負の数値の場合は、注意してください。
金額に関する計算であれば、FLOOR関数が良く使われるのではないでしょうか。
残業時間計算では就業規則により、FLOOR関数かCEILING関数を使い分けることになります。
(残業時間で、CEILING関数を使う会社は稀だとは思いますけど)

MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数の実践例

時間計算で困ったときの確実な対処方法
・日付・時刻のシリアル値とは ・Excelにおける小数の問題 ・どんな時に問題が発生するか ・確実な時間計算方法 ・TIME関数の制限について ・単純化した結論

同時に覚えたい関連関数

ROUND関数(数値を四捨五入して指定桁数に)
・ROUND関数の書式 ・ROUND関数の使用例 ・同時に覚えたい関連関数
ROUNDUP関数(数値を切り上げて指定桁数に)
・ROUNDUP関数の書式 ・ROUNDUP関数の使用例 ・同時に覚えたい関連関数
ROUNDDOWN関数(数値を切り捨てて指定桁数に)
・ROUNDDOWN関数の書式 ・ROUNDDOWN関数の使用例 ・同時に覚えたい関連関数
INT関数(指定数値を最も近い整数に切り捨て)
・INT関数の書式 ・INT関数の使用例 ・同時に覚えたい関連関数


Officeサポート MROUND関数
Officeサポート CEILING関数
Officeサポート FLOOR関数


ワークシート関数一覧
Excelワークシート関数の一覧と解説です、詳細解説ページへのリンクもあります。Excel2007までの関数です。2010以降追加の関数一覧 ワークシート関数の一覧(2010以降) 引数、関数構文については Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文 文字列関数…27 日付と時刻の関数…21 情報関数…

ワークシート関数の一覧(2010以降)
・Excel2010で追加されたワークシート関数 ・Excel2013で追加されたワークシート関数 ・Excel2016以降で追加されたワークシート関数



同じテーマ「エクセル入門」の記事

作業セル、計算セル
SUMIFS関数、COUNTIFS関数.AVERAGEIFS関数(複数条件)
MOD関数(除算したときの剰余)
MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数(指定値の倍数)
RAND関数、RANDBETWEEN関数(乱数)
CELL関数(セルの書式、位置、内容の情報)
FREQUENCY関数(値の頻度を縦方向の配列で返す)
平均値、中央値、最頻値
CONCAT関数(複数の範囲や文字列を結合)
TEXTJOIN関数(区切り記号を指定できる文字列結合)
MAXIFS関数、MINIFS関数(条件付き最大値最小値)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ピッボットテーブルって便利だよね|還暦のVBA(2021-10-18)
還暦のVBA:VBAまでたどりつけるか… (2021-09-29)
VLOOKUPを使うことを基本としてシートを設計すべきか|エクセル雑感(2021-08-17)
コンピューターはブラックボックスで良い|エクセル雑感(2021-08-14)
小文字"abc"を大文字"ABC"に変換する方法|エクセル雑感(2021-08-13)
ADOでテキストデータを集計する|VBAサンプル集(2021-08-04)
VBA学習のお勧めコース|エクセル雑感(2021-08-01)
エクセル馬名ダービー|エクセル雑感(2021-07-21)
在庫を減らせ!毎日棚卸ししろ!|エクセル雑感(2021-07-05)
日付型と通貨型のValueとValue2について|エクセル雑感(2021-06-26)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
9.並べ替え(Sort)|VBA入門
10.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ