エクセル入門
FREQUENCY関数(値の頻度を縦方向の配列で返す)

Excelの初心者向け入門解説
公開日:2013年5月以前 最終更新日:2021-06-25

FREQUENCY関数(値の頻度を縦方向の配列で返す)


FREQUENCY関数は、範囲内での値の頻度を縦方向の配列で返します。
範囲内に含まれる頻度分布を求める場合に使います。
FREQUENCY関数では配列が返されるため、配列数式として入力する必要があります。


FREQUENCY関数の書式

FREQUENCY(データ配列, 区間配列)

データ配列
必須です。
頻度分布の計算対象となる値セットの配列、またはこのセットへの参照を指定します。
データ配列に値が含まれていない場合は、0の配列が返されます。

区間配列
必須です。
区間配列の値をグループ化する間隔の配列、またはこの間隔への参照を指定します。
区間配列に値が含まれていない場合は、データ配列に指定した要素の数が返されます。

返される配列の要素数は、区間配列に指定された要素の数より1大きい値です。
返された配列のその余分な要素は、最大間隔を超えた値があればその個数を返します。
指定した配列またはセル範囲に空白セルまたは文字列が含まれている場合は無視されます。

スピルする最新バージョン
出力範囲の左上のセルに数式を入力することで、スピルにより結果の配列が動的な大きさとして出力されます。
・スピルとは ・スピルの数式例 ・ゴースト ・スピル範囲での独特な挙動について ・スピルのエラー表示 ・スピル範囲演算子 ・暗黙的なインターセクション演算子 ・従来のスピルしないエクセルとの互換性についての注意点 ・スピル関連記事

スピルしない古いバージョン
最初に出力範囲を選択し、出力範囲の左上のセルに数式を入力した後、
Ctrl + Shift + Enter
で入力を確定させます。
これを配列数式と呼びます。

配列数式について
複数の値を返す数式(配列数式)は結果を表示する全てのセルを選択し、
Ctrl + Shift + Enterで数式を一括入力することで、{=数式}のように{}で囲まれた配列数式となります。
この配列数式はCSEと略されます。
例えば、
B1:B3を選択し、=A1:A3をCtrl + Shift + Enterで入力すると、
数式は{=A1:A3}となり、B1:B3はA1:A3を参照するようになります。

Excel エクセル 配列数式

FREQUENCY関数の使用例

A2セルから100個の点数が縦に入っているとします。
C2:C5の範囲の個数をD列に求めます。

スピルする最新バージョン
D2=FREQUENCY(A2:A101,C2:C5)

Excel エクセル 配列数式 FREQUENCY関数

返される配列の要素数は、区間配列に指定された要素の数より1大きい値です。

スピルしない古いバージョン
D2:D5を選択
=FREQUENCY(A2:A101,C2:C5)
Ctrl + Shift + Enter

Excel エクセル 配列数式 FREQUENCY関数

数式バーには、
{=FREQUENCY(A2:A101,C2:C5)}
このように{}で囲まれた配列数式で表示されます。


Officeサポート FREQUENCY関数


ワークシート関数一覧
・文字列関数 ・日付と時刻の関数 ・情報関数 ・論理関数 ・検索/行列関数 ・数学/三角関数 ・統計関数 ・財務関数 ・エンジニアリング関数 ・データベース関数 ・アドイン/オートメーション ・キューブ ・Microsoft Office のサポート

ワークシート関数の一覧(2010以降)
・Excel2010で追加されたワークシート関数 ・Excel2013で追加されたワークシート関数 ・Excel2016/Excel2019で追加されたワークシート関数 ・Excel2021で追加されたワークシート関数 ・Excel2021より後の365で追加されたワークシート関数 ・Microsoft 365 Insider ・Microsoft「Office のサポート」



同じテーマ「エクセル入門」の記事

MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数(指定値の倍数)

・MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数の書式 ・MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数の使用例 ・MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数の実践例 ・同時に覚えたい関連関数
RAND関数、RANDBETWEEN関数(乱数)
RAND関数:0以上で1より小さい実数の乱数を発生させます。RANDBETWEEN関数:指定された範囲内の整数の乱数を返します。いずれも、ワークシートが再計算されるたびに、新しい乱数が返されます。RAND関数、RANDBETWEEN関数の書式 RAND() RANDBETWEEN(最小値,最大値) ※RAND関数に…
CELL関数(セルの書式、位置、内容の情報)
セルの書式、位置、または内容に関する情報を返します。CELL関数の書式 CELL(検査の種類,[対象範囲]) 検査の種類 parentheses 正の値またはすべての値をかっこで囲む書式がセルに設定されている場合は1。それ以外の場合は0。
FREQUENCY関数(値の頻度を縦方向の配列で返す)
平均値、中央値、最頻値
・平均値 ・中央値:MEDIAN関数 ・最頻値:MODE関数
CONCAT関数(複数の範囲や文字列を結合)
CONCAT関数は、複数の範囲や文字列からのテキストを結合します。ただし、区切り記号は指定できません。CONCAT関数の書式 CONCAT(テキスト1,[テキスト2],…) テキスト1 必須です。結合するテキスト項目。
TEXTJOIN関数(区切り記号を指定できる文字列結合)
TEXTJOIN関数は、複数の範囲や文字列を結合し、各文字列の間に区切り記号を挿入します。区切り記号が空の文字列の場合は、範囲または文字列がそのまま連結されます。TEXTJOIN関数の書式 =TEXTJOIN(区切り文字,空のセルは無視,テキスト1,[テキスト2],...) 区切り文字 必須です。
MAXIFS関数、MINIFS関数(条件付き最大値最小値)
・MAXIFS関数、MINIFS関数の書式 ・ワイルドカード ・MAXIFS関数とMINIFS関数の使用例
IFS関数(複数条件)
IFS関数は、1つ以上の条件が満たされているかどうかをチェックして、最初のTRUE条件に対応する値を返します。複数のネストしたIFステートメントを置き換えることができるため、複数の条件指定ではより簡単に記述できます。IFS関数の書式 =IFS(論理式1,真の場合1,[論理式2,真の場合2]…) 論理式1 必須です。
SWITCH関数(複数値での切替)
SWITCH関数は、1つの値に対して値の一覧を評価し、最初に一致する値に対応する結果を返します。いずれにも一致しない場合は、任意指定の既定値が返されます。SWITCH関数の書式 SWITCH(式,値1,結果1,[既定値または値2,結果2],…[既定値または値126,結果126]) 式 必須です。
XLOOKUP関数とスピル入門
・スピルとは ・XLOOKUP関数の基本 ・スピルと新関数の練習


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
5.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
6.RangeとCellsの使い方|VBA入門
7.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
8.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
9.並べ替え(Sort)|VBA入門
10.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ