エクセル入門
IFS関数(複数条件)

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2021-06-25

IFS関数(複数条件)


IFS関数は、1つ以上の条件が満たされているかどうかをチェックして、最初のTRUE条件に対応する値を返します。
複数のネストしたIFステートメントを置き換えることができるため、複数の条件指定ではより簡単に記述できます。


IFS関数の書式

=IFS(論理式1,真の場合1,[論理式2, 真の場合2]…)

論理式1

必須です。
TRUE または FALSE に評価される論理式です。


真の場合1

必須です。
論理式1がTRUEに評価された場合に返される結果です。
空にすることができます。

[論理式2, 真の場合2]…

省略可能です。
論理式と、対応する値をペアで指定します。
各論理式N は、真の場合N に対応します。
空にすることができます。



IFS関数では、最大127個の条件を指定することができます。
ただし、IFまたはIFS関数であまりにも多くの条件をネストすることはお勧めしません。
複数の条件は正確な順序で入力する必要があり、かつ、構築、テスト、更新を行うのが大変難しい場合があるためです。
このような場合は、VLOOKUP関数等での代替方法を検討してください。

IFS関数の使用例

A1セルから以下のように入っている場合、

A列 結果
86 =IFS(A1>=95,"S",A1>=80,"A",A1>=60,"B",A1>=40,"C",TRUE,"D") A
53 =IFS(A2>=95,"S",A2>=80,"A",A2>=60,"B",A2>=40,"C",TRUE,"D") C
97 =IFS(A3>=95,"S",A3>=80,"A",A3>=60,"B",A3>=40,"C",TRUE,"D") S
69 =IFS(A4>=95,"S",A4>=80,"A",A4>=60,"B",A4>=40,"C",TRUE,"D") B
35 =IFS(A5>=95,"S",A5>=80,"A",A5>=60,"B",A5>=40,"C",TRUE,"D") D

条件にTRUEを指定した場合は、常に真となるため対応する値が常に選択されます。
つまり、最後の条件にTRUEを指定することで、ELSEとして残りの全ての条件とすることができます。
上記数式の場合、,TRUEは<40を指定したことと同じになります。


Officeサポート IFS関数


ワークシート関数一覧
Excelワークシート関数の一覧と解説です、詳細解説ページへのリンクもあります。Excel2007までの関数です。2010以降追加の関数一覧 ワークシート関数の一覧(2010以降) 引数、関数構文については Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文 文字列関数…27 日付と時刻の関数…21 情報関数…

ワークシート関数の一覧(2010以降)
・Excel2010で追加されたワークシート関数 ・Excel2013で追加されたワークシート関数 ・Excel2016以降で追加されたワークシート関数



同じテーマ「エクセル入門」の記事

CONCAT関数(複数の範囲や文字列を結合)
TEXTJOIN関数(区切り記号を指定できる文字列結合)
MAXIFS関数、MINIFS関数(条件付き最大値最小値)
IFS関数(複数条件)
SWITCH関数(複数値での切替)
XLOOKUP関数とスピル入門
スピルについて
FILTER関数(範囲をフィルター処理)
SORT関数、SORTBY関数(範囲を並べ替え)
UNIQUE関数(一意の値)
RANDARRAY関数(ランダム数値)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

抜けている数値を探せ|エクセル雑感(2022-07-01)
.Net FrameworkのSystem.Collectionsを利用|VBA技術解説(2022-06-29)
迷路ネコが影分身の術を体得したら…|エクセル雑感(2022-06-27)
迷路にネコが挑戦したら、どうなるかな…|エクセル雑感(2022-06-26)
サロゲートペアに対応した自作関数(Len,Left,Mid,Right)|エクセル雑感(2022-06-24)
「マクロの登録」で登録できないプロシージャーは?|エクセル雑感(2022-06-23)
オブジェクトのByRef、ByVal、Variant|エクセル雑感(2022-06-22)
コメントから特定形式の年月を取り出す|エクセル雑感(2022-06-19)
4,9を使わない連番作成|エクセル雑感(2022-06-17)
連番を折り返して出力|エクセル雑感(2022-06-16)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.並べ替え(Sort)|VBA入門
9.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
10.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ