エクセル入門
作業セル、計算セル

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2020-04-27

数式.作業セル、計算セル


関数の引数に、さらに関数を入れ、関数をネスト(入れ子)にしますが、
このネストが多くなると、数式が複雑になりすぎてしまい、
他人が見たときに数式の意味するところが分からなくなってしまいます。
数式を書いた本人であっても、時が経つと解読が困難になる場合もあります。


このような、数式の複雑化を避ける方法として、作業セル、計算セルを使います。

正式な呼び方は無く、作業セル計算セルは同じ意味として使われます。
列全体を、この目的で使う事も多く、その場合は、作業列という言い方もします。

作業列を工夫することで、少ない基本関数だけでも、かなり複雑な集計等が出来るようになります。

数式をネストした場合の例

以下の表で解説します。


A B C D
1 英語 国語 数学 合否判定
2 92 78 59 否 
3 78 95 80
4 83 50 53
5 88 98 65
6 82 78 76

合格判定

3科目全てで75点以上、または、合計が245点以上

合否の結果を、D列に"合"、"否"で出力します。

D2セルの数式は、

=IF(SUM(A2:C2)>=245,"合",IF(B2>=75,IF(C2>=75,IF(D2>=75,"合","否"),"否"),"否"))

このような数式になります。

※例題の数式について
AND関数を使い、もっと簡略化できますが、
本サイトの説明順として、AND関数はまだまだ後になっていることと、
あくまで、作業セルの使い方の説明の便宜上の数式であるとご理解ください。

上記数式は、さすがに分かりづらいです。
そこで、作業列を使って順序良く分かり易くしてみましょう。

作業列、計算セルの使い方

A B C D E F G H
1 英語 国語 数学 合計 英語 国語 数学 合否判定
2 92 78 59 229 1 1 0
3 78 95 80 253 1 1 1
4 83 50 53 186 1 0 0
5 88 98 65 251 1 1 0
6 82 78 76 236 1 1 1


そもそも、合計はあったほうが良いのは言うまでもないのですが、
各科目の合格ラインの75点以上かの判定も追加してみました。

D2=SUM(A2:C2)
E2=IF(A2>=75,1,0)
F2=IF(B2>=75,1,0)
G2=IF(C2>=75,1,0)
H2=IF(D2>=245,"合",IF(SUM(E2:G2)=3,"合","否"))


E2の数式は相対参照になっているので、そのまま右にコピーしてE2とG2は完成します。

H2の数式を、良く読み解いてみて下さい。
E~Gが、75%点以上なら1、75点未満なら0になっているので、
合計が3なら、3科目とも75点以上という事になります。

今回の例では、1,0で合格ラインの切り分けをしましたが、やり方はいろいろとあります。
あくまで、作業セルの説明を、これまでに出てきたIF関数とSUM関数だけの数式にしています。

作業列の工夫次第で、いろんなことが出来るようになるという事を理解してください。
作業列を使えば、少ない基本関数だけでも結構複雑な集計も出来るようになります。


ワークシート関数一覧

Excelワークシート関数の一覧と解説です、詳細解説ページへのリンクもあります。Excel2007までの関数です。2010以降追加の関数一覧 ワークシート関数の一覧(2010以降) 引数、関数構文については Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文 文字列関数…27 日付と時刻の関数…21 情報関数…17 論理関数…7 検索/行列関数…1…

ワークシート関数の一覧(2010以降)
Excelワークシート関数の一覧と解説です。Excel2010以降に追加された関数一覧になります。2007までのワークシート関数一覧ワークシート関数の一覧 引数、関数構文については Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文 Excel2010で追加されたワークシート関数 Excel2013で追加されたワークシート関数 関数名 種類と説明 …



同じテーマ「エクセル入門」の記事

AVERAGEIF関数(検索条件に一致する平均値)
SUMPRODUCT関数(配列の対応する要素の積の合計)
IFERROR関数(エラーの場合は指定値、以外の場合は数式)
作業セル、計算セル
SUMIFS関数、COUNTIFS関数.AVERAGEIFS関数(複数条件)
MOD関数(除算したときの剰余)
MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数(指定値の倍数)
RAND関数、RANDBETWEEN関数(乱数)
CELL関数(セルの書式、位置、内容の情報)
FREQUENCY関数(値の頻度を縦方向の配列で返す)
CONCAT関数(複数の範囲や文字列を結合)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

import文(パッケージ・モジュールのインポート)|Python入門(9月24日)
例外処理(try文)とexception一覧|Python入門(9月23日)
リスト内包表記|Python入門(9月22日)
Pythonの引数は参照渡しだが・・・|Python入門(9月21日)
lambda(ラムダ式、無名関数)と三項演算子|Python入門(9月20日)
関数内関数(関数のネスト)とスコープ|Python入門(9月18日)
関数の定義(def文)と引数|Python入門(9月18日)
組み込み関数一覧|Python入門(9月17日)
辞書(dict型)|Python入門(9月16日)
入力規則への貼り付けを禁止する|VBA技術解説(9月16日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ