エクセル入門
AVERAGEIF関数(検索条件に一致する平均値)

Excelの初心者向け入門解説
公開日:2013年5月以前 最終更新日:2021-06-24

AVERAGEIF関数(検索条件に一致する平均値)


条件に一致するセルの平均値 (算術平均) を返します。
Excel2007以降に追加された関数です。


AVERAGEIF関数の書式

AVERAGEIF(範囲, 条件, [平均範囲])

条件に一致するセルの平均値を返します。

範囲

平均するセル範囲を指定します。
平均範囲が指定されているときは、条件範囲としてのみ使用されます。
平均範囲が指定されていないときは、条件範囲と平均範囲の両方で使用されます。

条件

平均の対象とする条件を数値、式、セル参照、または文字列で指定します。

たとえば、条件は 25、"25"、">25"、"Excel"、または B4 のようになります。
(式および文字列を指定する場合は半角の二重引用符 (") で囲む必要があります)。
ワイルドカードが使用できます。

平均範囲

省略可能です。
この引数を指定しないと、平均値算出には範囲が使用されます。
平均する実際のセルを指定します。

ワイルドカード

検索条件には、半角の疑問符(?)または半角のアスタリスク(*)をワイルドカード文字として使用できます。
疑問符(?)は任意の1文字を表し、
アスタリスク(*)は任意の文字列(0個または1個以上の文字)を表します。


範囲内の TRUE または FALSE を含むセルは無視されます。
平均範囲内の空白のセルは無視されます。
範囲に数値がない場合、エラー値 #DIV0! を返します。
条件に一致するセルがない場合、エラー値 #DIV/0! を返します。

AVERAGE関数では、データの中心傾向 (統計的分布における数値グループの中心位置) が評価されます。
中心傾向を表す最も一般的な指標として、次の 3 つが挙げられます。

平均 ・・・ AVERAGE関数
中央値 (メジアン) ・・・ MEDIAN関数
最頻値 (モード) ・・・ MODE関数

AVERAGEIF関数の使用例

A B
1 りんご 160
2 みかん 120
3 なし 170
4 かき 110
5 りんご 180
6 みかん 130
7 みかん 150
8 なし 190
9 かき 100
10 りんご 140

リンゴの平均値を求めるには、
=AVERAGEIF(A:A,"りんご",B:B)
このようになります。

これは、
=SUMIF(A:A,"りんご",C:C)/COUNTIF(A:A,"りんご")
と同値です。

従って、セル範囲に数値が存在しないと、
#DIV/0!
のエラーとなります。

ワイルドカードを使ったAVERAGEIF関数の使用例

ワイルドカードを使った例になります。

A B
1 りんごL 160
2 みかん 120
3 なし 170
4 かき 110
5 りんごM 180
6 みかん 130
7 みかん 150
8 なし 190
9 かき 100
10 りんごM 140

リンゴの平均値を求めるには、
=AVERAGEIF(A:A,"りんご*",B:B)
となります。

これは、
=SUMIF(B:B,"りんご*",C:C)/COUNTIF(B:B,"りんご*")
これと同値です。


Officeサポート AVERAGEIF関数


ワークシート関数一覧
・文字列関数 ・日付と時刻の関数 ・情報関数 ・論理関数 ・検索/行列関数 ・数学/三角関数 ・統計関数 ・財務関数 ・エンジニアリング関数 ・データベース関数 ・アドイン/オートメーション ・キューブ ・Microsoft Office のサポート

ワークシート関数の一覧(2010以降)
・Excel2010で追加されたワークシート関数 ・Excel2013で追加されたワークシート関数 ・Excel2016/Excel2019で追加されたワークシート関数 ・Excel2021で追加されたワークシート関数 ・Excel2021より後の365で追加されたワークシート関数 ・Microsoft 365 Insider ・Microsoft「Office のサポート」



同じテーマ「エクセル入門」の記事

WEEKNUM関数(その年の何週目)
COUNTBLANK(空白セルの個数)
AVERAGE関数(引数の平均値)
AVERAGEIF関数(検索条件に一致する平均値)
SUMPRODUCT関数(配列の対応する要素の積の合計)
IFERROR関数(エラーの場合は指定値、以外の場合は数式)
作業セル、計算セル
SUMIFS関数、COUNTIFS関数.AVERAGEIFS関数(複数条件)
MOD関数(除算したときの剰余)
MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数(指定値の倍数)
RAND関数、RANDBETWEEN関数(乱数)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)
いくつかの数式の計算中にリソース不足になりました。|エクセル雑感(2023-12-28)
VBAでクリップボードへ文字列を送信・取得する3つの方法|VBA技術解説(2023-12-07)
難しい数式とは何か?|エクセル雑感(2023-12-07)
スピらない スピル数式 スピらせる|エクセル雑感(2023-12-06)
イータ縮小ラムダ(eta reduced lambda)|エクセル入門(2023-11-20)
PIVOTBY関数(縦軸と横軸でグループ化して集計)|エクセル入門(2023-11-19)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.条件分岐(IF)|VBA入門
9.マクロとは?VBAとは?VBAでできること|VBA入門
10.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ