エクセル基本操作
関数入力のショートカット

Excelの基本操作についての基礎と応用を入門解説
最終更新日:2013-02-18

関数入力のショートカット



関数入力時に使う、ショートカットです。


例えば、

=IF

ここまで入れて、

Ctrl + Shift + A (CtrlキーとShiftキーを押したまま、A)

すると、

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)

と自動で入力されます。

こけは、関数名に対応する引数が、日本語名で表示されるものです。

ウィザードや、数式パレットと違って、これは、このまま入力する事が出来ます。

結果は、「#NAME?」となりますが、数式は残ります。

だから、ゆっくり1つづつ入れていけるのです。

関数をネスト(入れ子)するときには、重宝しますよ。

また、

=IF

ここまで入れて、

Ctrl + A (Ctrlキーを押したまま、A)

すると、

数式パレット(数式入力のウインドウ)が開きます。

これは、

=IF(

ここで、

Shift + F3

と同一になりますが、

(

が不要なのです。


関数には、いろいろな入力方法があります。

一番使いやすい方法を、みつけましょう。




同じテーマ「エクセル基本操作」の記事

日付、時刻に関するあれこれ
数値の書式あれこれ
関数入力のショートカット
ひらがな⇔カタカナの変換
セルの表示形式のショートカット
可視セルのみコピーする(非表示の行・列を除く)
日付表示の桁位置を揃える
覚えておきたいエクセルの操作:Enter編
覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集
覚えておきたいエクセルの操作:ジャンプ
覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピー

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧|VBA技術解説(1月20日)
VBAでファイルを規定のアプリで開く方法|VBA技術解説(1月20日)
ドキュメントプロパティ(BuiltinDocumentProperties,CustomDocumentProperties)|VBA技術解説(1月19日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • 関数入力のショートカット

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ