エクセル基本操作
関数入力のショートカット

Excelの基本操作についての基礎と応用を入門解説
最終更新日:2013-02-18

関数入力のショートカット



関数入力時に使う、ショートカットです。


例えば、

=IF

ここまで入れて、

Ctrl + Shift + A (CtrlキーとShiftキーを押したまま、A)

すると、

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)

と自動で入力されます。

こけは、関数名に対応する引数が、日本語名で表示されるものです。

ウィザードや、数式パレットと違って、これは、このまま入力する事が出来ます。

結果は、「#NAME?」となりますが、数式は残ります。

だから、ゆっくり1つづつ入れていけるのです。

関数をネスト(入れ子)するときには、重宝しますよ。

また、

=IF

ここまで入れて、

Ctrl + A (Ctrlキーを押したまま、A)

すると、

数式パレット(数式入力のウインドウ)が開きます。

これは、

=IF(

ここで、

Shift + F3

と同一になりますが、

(

が不要なのです。


関数には、いろいろな入力方法があります。

一番使いやすい方法を、みつけましょう。



同じテーマ「エクセル基本操作」の記事

日付、時刻に関するあれこれ(「元年」表記追加)

1.曜日の表示方法 2.数値を日付にする方法 3.24時以降(26時等)の表示書式 4.日付と日付の間隔(年齢等)の求め方、DATEDIFに関して 5.日付、時刻のシリアル値(数値) 6.和暦表示について「元年」表記」1.曜日の表示方法 曜日の書式に関しては、「セルの書式設定」にサンプルが出ていない為、
数値の書式あれこれ
1.千単位、百万単位 2.不要な0を表示せずに、小数点位置を揃える 3.ユーザー定義書式で条件付き書式を使う 4.Excel2003で、条件によりフォント色を5段階で表示する方法。1.千単位、百万単位 もちろん、1,000、1,000,000で割った数値を入力すればよいのですが、セルの数値(データ)自体はそのままで、
関数入力のショートカット
ひらがな⇔カタカナの変換
・ひらがな→カタカナ変換 ・カタカナ→ひらがな変換 ・PHONETIC関数の問題点 ・漢字は変換しない方法 ・漢字は変換しない方法・・・関数だけでやる方法 ・やはりマクロ(VBA)で
セルの表示形式のショートカット
セルの表示形式に関するショートカットはたくさんあります。まずは、「セルの書式設定」ダイアログを表示する、Ctrl+1 ただ、このダイアログ、エクセル起動後に初めて表示する場合は、2007から表示に時間かかるようになってしまいました。この時間が結構いらいらするものです。
可視セルのみコピーする(非表示の行・列を除く)
ツイッターを見ていて、ふと… そういえば、確か、範囲選択して、範囲内に、非表示の行・列があった時に、可視セル(表示されているセル)だけコピーする方法あったよね。ということで、ちょっと紹介します。範囲選択したら、Alt+; Altキーを押しながら;(セミコロン)を押して下さい。
日付表示の桁位置を揃える
日付表示で月日が1桁の時に、/スラッシュの位置を揃える表示形式の指定方法です。12/19 12/8 この場合の、表示位置を揃えるというものです。そのサイトの案内では、m/dこれをm/""d このようにすれば良いと書いてありました。
覚えておきたいエクセルの操作:Enter編
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は Enterです、通常はEnterで下(オプションにより右)に移動します。そこで、Shift+Enter 上(オプションにより左)に移動します。これは、値を入れた時も、何も入れなくても移動します。
覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集
まずはしっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です。今回は、入力・編集です。関数を入力する場合、= から入力を始めます。この時、エクセルのウインドウの左下は、このように、入力と表示されます。入力前は、「準備完了」と表示されている場所です。
覚えておきたいエクセルの操作:ジャンプ
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は、ジャンプのセル選択です、ジャンプのショーカットはCtrl+GまたはF5です。エクセル2003なら、「編集」→「ジャンプ」エクセル2007以降なら、「ホーム」→「検索と選択」→「ジャンプ」この画面自体は、何のためにあるのか???です。
覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピー
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は、数式のコピーです。エクセルでセルをコピーする場合、・セルの全てをコピー ・セルの値のみコピー ・セルの数式のみコピー このあたりが一番多い操作になるでしょう。セルの全てをコピーは、普通のコピーですね、セルの値のみコピーは、定番の値貼り付けになります。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

文字列のプロパティ名でオブジェクトを操作する方法|VBA技術解説(2022-12-14)
数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.繰り返し処理(Do Loop)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ