エクセル関数超技
入力規則のリストを、追加・削除に自動対応で作成

Excel関数の解説、関数サンプルと高等テクニック
最終更新日:2013-06-09

入力規則のリストを、追加・削除に自動対応で作成


一覧リストを使用して、「入力規則」の「リスト」を作成し、
さらに、一覧リストへの追加・削除に自動対応させるものです。

シート「リスト」の部署を使用して、シート「入力」に入力規則のリストを範囲可変で作成します。

エクセル Excel サンプル画像


名前を定義します。

  1. シート「リスト」を選択します。
  2. Ctrl+F3で名前定義を起動する。メニュー等からの起動はバージョン毎に違います。
  3. 「名前」に「部署」と入力。
  4. 2007以降の場合、範囲は「ブック」、2003にはありません。
  5. 「参照範囲」に「=OFFSET($A$2,0,0,COUNTA($A:$A)-1,1)」
  6. 「OK」

[入力規則]の[リスト]の設定です。

  1. シート「入力」のリストを設定する列またはセルを選択
  2. [データ]-[入力規則]
  3. [設定]の[入力値の種類]で[リスト]を選択
  4. [元の値] に「=部署」と入力。何も入れずにF3を押すと名前定義の一覧から選択できます。
  5. 「OK」

以上で完成です。


シート「リスト」で、部署を追加・削除したものが、シート「入力」の[入力規則]に自動的に反映します。

説明が必要な部分は、
=OFFSET($A$2,0,0,COUNTA($A:$A)-1,1)
だけだと思います。

まず、OFFSETは、OFFSET(基準, 行数, 列数, 高さ, 幅)です。

基準のセルから指定の行数列数だけシフトした位置にある、高さのセル範囲を返す関数です。

また、COUNTAは指定範囲の、空白でないセルの個数を返します。

-1は、この例では1行目がタイトルになっているので、この行数を引いています。

結果として、シート「リスト」のA2以降に入力されている範囲となります。



同じテーマ「エクセル関数超技」の記事

1年後の日付、○か月後の日付

起算日からの一年間の最後の日の求め方です起算日が2011/4/1なら2012/3/31の求め方です。セルA1に起算日が入っておりセルA2に一年間の最終日を設定する場合。一年後の日付 よくみかけるのは=DATE(YEAR(A1)+1,MONTH(A1),DAY(A1))-1 DATEはDATE(年,
複数条件の合計・件数
複数条件の合計複数条件の件数を求める関数式です。以下の表で説明します。複数条件の合計 「みかん」の「M」の合計売上は まず2007以降ならSUMIFSが使えますので問題はないと思います。=SUMIFS(C2:C10,A2:A10,_みかん_,B2:B10,_M_) SUMIFS(合計範囲,
入力規則のリストを、追加・削除に自動対応で作成
入力規則のリストを、2段階の絞り込みで作成1
一覧リストを使用して、「入力規則」の「リスト」を作成し、「リスト」の選択結果により、となりの「リスト」の内容を自動で変化させます、さらに、一覧リストへの追加・削除に自動対応させるものです。入力規則のリストを、追加・削除に自動対応で作成 を理解した上でお読みください。
入力規則のリストを、2段階の絞り込みで作成2
一覧リストを使用して「入力規則」の「リスト」を作成し「リスト」の選択結果によりとなりの「リスト」の内容を自動で変化させます「入力規則のリストを2段階の絞り込みで作成1」こちらのリストの縦横を入れ替えたパターンになります。入力規則のリストを追加・削除に自動対応で作成一覧リストを使用して「入力規則」の「リスト」を作成し
ピポットテーブルの参照範囲を、追加・削除に自動対応で作成
ピボットテーブルの参照範囲を可変に設定し、データの追加・削除に自動で対応させます。以下の表で説明します。名前を定義します。シート「リスト」を選択します。Ctrl+F3で名前定義を起動する。メニュー等からの起動はバージョン毎に違います。
関数を使って行列を入れ替える方法
行列を入れ替える方法として、一般には、「形式を選択して貼り付け」ですが、これでは、元のデータを更新しても入れ替え先にデータ反映されません。そこで、関数を使って行列を入れ替えることにより、直接データが反映するようにします。以下の表で説明します。
複数条件で検索し、複数データを取得する方法
各種条件でデータを絞る場合は、オートフィルタが一般的に使用されますが、元のデータがあるシートで作業する為、間違ってデータを消してしまったり、使用する上で制約があります。また、VLOOKUPでは、単一条件のみであり、しかも1件しか取得できません。
関数で銀行型丸め(最近接偶数への丸め)を行う方法
エクセルの関数で、ROUNDは四捨五入です。しかし、VBAでのRoundは、銀行型丸め(最近接偶数への丸め)で、Accessも銀行型丸めとなっています。四捨五入では、どうしても大きくなる傾向があるようです。
関数で他シートへ並べ替える方法(サンプル:ABC分析)
通常、並べ替えは元データが変更されれば、毎回、並べ替えを行う必要がありますが、, これが、結構面倒な場合もあります。出来れば、マクロを組みたいところですが、マクロはちょっとと言う人もいるでしょう。そこで、関数で他シートへ並べ替える方法です。
VLOOKUPを他の関数でやる方法
VLOOKUPは便利な関数ですが以下のような問題点がある場合はこれを使うことができません 問題点 1.検索列より左側の列を取り出す場合 2.検索値が255文字を超える時 そこで他の関数でこれを実現する方法を検討します。方法1 =INDEX(範囲,MATCH(検索値,検索範囲,0),列番号) 方法2 {=IF(MIN(IF(検索範囲=検索値,


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 入力規則のリストを、追加・削除に自動対応で作成

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ