ExcelマクロVBA再入門 | 第23回.複数のプロシージャーを連続で動かす(Callステートメント) | マクロが覚えられないという初心者向けに理屈抜きのやさしい解説



最終更新日:2016-03-29

第23回.複数のプロシージャーを連続で動かす(Callステートメント)


自動化するマクロVBAを書くとき、

必要な処理内容を1つのプロシージャーに全て書くことは難しいです、

細かい単位の処理ごとにプロシージャーを書き、まとめて実行するようにします。

前回の、第22回.複数ブックよりデータを集める

ここでは以下のVBAコードを書きました。




少々長いですね。

いきなり、これだけのVBAコードを完成させるのはちょっと大変です。

そもそもこのVBAコードは、大きく2つの部分で出来ています。

フォルダ内のファイル一覧を取得
一覧のファイルを全て処理


それぞれのプロシージャーを書いてみましょう。

フォルダ内のファイル一覧を取得


一覧のファイルを全て処理


上掲のVBAコードを書いて、
ファイル一覧を取得
ファイルを全て処理
それぞれを実行(F5)して確認
してください。

一つ一つのプロシージャーは短くなり、理解しやすくなったかもしれませんが、

それぞれ別々に実行(F5)では面倒ですし、

少なくとも、ファイルを全て処理はファイル一覧を取得のあとに実行しなければなりません。

このように複数のプロシージャーを連続で動かすには、

Call プロシージャー名

これを使います。



この「連続実行」を実行(F5)すれば、

「ファイル一覧を取得」が実行され、これが終わると、「ファイルを全て処理」が続けて実行されます。

実際に書いて、テストデータを用意してやってみて下さい。

正しく実行されたら、

今度は、「連続実行」をステップイン(F8)で実行して、

順次プロシージャーが実行されることを確認し、動きを理解してください。




同じテーマ「マクロVBA再入門」の記事

第20回.全てのシートに同じ事をする(For〜Worksheets.Count)
第21回.ファイル一覧を取得する(Do〜LoopとDir関数)
第22回.複数ブックよりデータを集める
第24回.マクロの呪文を追加してボタンに登録(ScreenUpdating)
第25回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo1
第26回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo2
第27回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo3
第28回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo4
第29回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo5
第30回.今後の覚えるべきことについて

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
Colorプロパティの設定値一覧|VBA技術解説(3月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
6.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 複数のプロシージャーを連続で動かす(Callステートメント)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP