ExcelマクロVBA再入門 | 第30回.今後の覚えるべきことについて | マクロが覚えられないという初心者向けに理屈抜きのやさしい解説



最終更新日:2016-02-26

第30回.今後の覚えるべきことについて


マクロ再入門と題として、シリーズ全30回の最終回になります、
マクロ再入門で学んで、ある程度はマクロが書けるようになったものと信じます。

しかし、
やりたい事、やるべき事を、
自由自在にマクロとして書けるようになるには、
道はまだ半ばです。


マクロ再入門は、少なくとも2回は復習してください。
1日1回で2ヵ月
1日2回で一か月

何事も時間を掛ければ良いというものではない・・・
確かにその通りで、短時間で習得出来ればそれに越したことはないと思います。

しかし
しかし
しかし

人間がある事になじむには時間が必要なのです。
一定時間を掛けなければ習得出来ないこともあります、
いいえ、何事も一定時間を掛けなければ習得できないのが普通なのです。
そして、一定時間を掛けると、なぜかそれが身体・脳になじんでくるのです。
VBAの場合は脳になじむ時間が必要です。
脳になじむ前に、次々に新しい事を覚えようと詰め込むと、かえって脳が受け付けなくなります。
マクロが難しい・覚えられないという人の多くが、この状態だと思います。
まずは、必要最低限の事を、脳になじむまで反復練習してください。
ですから、
マクロ再入門は、少なくとも2回は復習してくださいと言っているのです。
始める前とは、違ったものが見えるようになっているはずです。

マクロの基本が、脳になじんだら、後は知識の幅を順次広げていきましょう。
エクセルVBA入門 のページを順次読み進めて下さい。

厳選30回にしました。
抜かした回もできれば順に読んでほしいですが、
さすがに128回もあるので、まずはこの30回を先に読んでください。

ここまで習得出来れば、ほとんどのマクロ作成で困ることはないはずです。
特殊な処理で困ったときは、ググってください。
恐らく結構な頻度で、当サイトも表示されるはずです。

このシリーズをお読みくださった方々が、
マクロを自由自在に書けるようになることを祈念して、
本シリーズの終わりの言葉といたします。




同じテーマ「マクロVBA再入門」の記事

第20回.全てのシートに同じ事をする(For〜Worksheets.Count)
第21回.ファイル一覧を取得する(Do〜LoopとDir関数)
第22回.複数ブックよりデータを集める
第23回.複数のプロシージャーを連続で動かす(Callステートメント)
第24回.マクロの呪文を追加してボタンに登録(ScreenUpdating)
第25回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo1
第26回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo2
第27回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo3
第28回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo4
第29回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo5

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
Colorプロパティの設定値一覧|VBA技術解説(3月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
6.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 今後の覚えるべきことについて

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP