VBA再入門
第20回.全てのシートに同じ事をする(For~Worksheets.Count)

マクロが覚えられないという初心者向けに理屈抜きのやさしい解説
最終更新日:2019-12-13

第20回.全てのシートに同じ事をする(For~Worksheets.Count)


エクセルの作業で最も面倒かつ時間のかかる作業は、同じ作業の繰り返しでしょう。
1回だけなら数秒でも、それを何十回と繰り返すとなると・・・
多くのシートがあり、同じ作業を全シートに行うとなると・・・
こういう時こそ、まさにマクロVBAの出番です。


シートの指定方法

Worksheets("シート名")
Worksheets(インデックス)
ActiveSheet

この3通りを紹介しました。

全シートに対する処理では、
Worksheets(インデックス)

これを使います。

インデックスは、
先頭シートが、1
最終シートが、Worksheets.Count
になります。
そこで、Forを使って1~1Worksheets.Countまで処理するようにします。


全シートの「印刷の向き」を「横」に設定します。

Excelマクロ VBAコード

Orientationについて
Orientationが印刷の向きを指定するプロパティです。
xlLandscape:横
xlPortrait:縦

ページ設定は、非常に多くのプロパティがあります。
マクロの記録を有効に使って調べて下さい。
用紙サイズの指定を、マクロの記録で調べて実際にマクロVBAを書いてみましょう。

必ず全てのシートに同じ処理をするとは限りません。
特定のシート、例えば特定の文字を含んでいるシートにだけ処理をしたい場合もあります。

シート名に"横"と入っているシートだけ「印刷の向き」を「横」に設定します

Excelマクロ VBAコード

InStr関数について
InStrは、第2引数の文字が第1引数の文字の中で何番目に登場するかを返すVBA関数です。
第2引数の文字が第1引数の文字の中に無い場合は0を返します。
>0つまり1以上が返された場合は、文字列が含まれているという事です。
InStr関数はマクロVBAでは頻繁に使います。
実際に書いて、動作(戻り値)を確認し良く理解してください。

シート名に"削除"と入っていたらシートを削除する

シートに対する普通の処理の繰り返しの場合はこれで良いのですが、
シートの挿入・削除を繰り返し行う場合は一工夫必要です。

For i = 1 To Worksheets.Count
このForは、最初にこのForを実行した時点のシート数です。
つまり、繰り返しに入る時点のシート数なので、

繰り返し処理の中でシート数が変わってしまうと正しく動きません。

例えば、
最初にシート数が3だったとすると、
For i = 1 To Worksheets.Count
これは、
For i = 1 To 3
という事になります。
ループの中でシートを削除してしまうと、i=3になった時に3番目のシートは無くなっているのでエラーになります。

これに対処するには、
シートの前からではなく、後ろから処理するようにします。

Excelマクロ VBAコード

ここは、実際に、
For i = 1 To Worksheets.Count

For i = Worksheets.Count To 1 Step -1
それぞれで、変数iの動きと、その時点でのシート数を確認しつつ、ステップイン実行してみましょう。

For Eachについて

書籍やWEBで、全てのシートに対する処理を探すと、For Eachで書かれているものを見かけるはずです。
For Eachは、全て通常のFor…Nextで書き換えることができます。
したがって、これを覚えるのは後からで構いません。
今は、そういうものがあるという事だけ知っていれば十分です。

興味があり、かつ、余力があれば勉強してみてください。
使えれば、とても便利なものであることは間違いありません。
この下に解説ページへのリンクを掲載しておきます。

ExcelマクロVBA入門の対応ページ

第16回.繰り返し処理(For Next)
VBAのForNextは、同じ処理を繰り返し行うためのVBA構文です。VBAで繰り返し処理をする方法は何通りかありますが、最も頻繁に使われていて、最も簡単便利であり、まず最初に覚えるべき繰り返し処理のVBA構文がForNextになります。ForNextは、繰り返し処理をするためのステートメントで、同じ処理を複数回繰り返したい場合に使います、

第37回.ブック・シートの指定
ここまでのVBA入門では、アクティブブックのアクティブシートだけを扱ってきました。アクティブブックのアクティブシートとは、一番手前に表示されているブックの選択しているシートで、通常、手作業で操作しているシートの事になります。手作業では、アクティブブックのアクティブシートしか扱えませんが、(作業グループで複数のシートに同時に操作するのは別の話として) アク…

第58回.コレクションとは(Collection)
同種のオブジェクトを複数まとめたものを「コレクション」と呼びます、コレクションもオブジェクトの一種です。例えば、Workbookオブジェクトが複数まとまったものは「Workbooksコレクション」Worksheetオブジェクトが複数まとまったものは「Worksheetsコレクション」オブジェクト名が単数形であるのに対し、

第59回.コレクション処理(For Each)
ForEachは、コレクションの各要素に対して繰り返し処理を実行します。コレクションはオブジェクトの集まりですので、ForEachは、コレクションの中から、個別のオブジェクトを取り出して処理する場合に使用します。コレクションの全ての要素に対しての処理が終わるとループは終了します。



同じテーマ「マクロVBA再入門」の記事

第17回.セルにブック・シートを指定する(Workbooks,Worksheets,With,Set)
第18回.シートをコピー・挿入・削除する(Worksheets,Copy,Add,Delete)
第19回.ブックを開く・閉じる・保存する(Workbooks,Open,Close,Save,SaveAs)
第20回.全てのシートに同じ事をする(For~Worksheets.Count)
第21回.ファイル一覧を取得する(Do~LoopとDir関数)
第22回.複数ブックよりデータを集める
第23回.複数のプロシージャーを連続で動かす(Callステートメント)
第24回.マクロの呪文を追加してボタンに登録(ScreenUpdating)
第25回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo1
第26回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo2
第27回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo3


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ツイッターで出されたVBAのお題をやってみた|エクセル雑感(1月13日)
イベントプロシージャーの共通化(Enter,Exit)|ユーザーフォーム入門(1月13日)
Rangeオブジェクトの論理演算(差集合と排他的論理和)|VBA技術解説(1月10日)
イベントプロシージャーの共通化|ユーザーフォーム入門(1月7日)
コントロールの動的作成|ユーザーフォーム入門(1月6日)
Evaluateメソッド(文字列の数式を実行します)|VBA技術解説(1月5日)
エクスポート(PDF/XPS)|VBA入門(1月2日)
分析関数(OVER句,WINDOW句)|SQL入門(12月25日)
取得行数を限定するLIMIT句|SQL入門(12月21日)
外部ライブラリ(ActiveXオブジェクト)|VBA入門(12月21日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ