ExcelマクロVBA再入門
第19回.ブックを開く・閉じる・保存する(Workbooks,Open,Close,Save,SaveAs)

マクロが覚えられないという初心者向けに理屈抜きのやさしい解説
最終更新日:2019-03-03

第19回.ブックを開く・閉じる・保存する(Workbooks,Open,Close,Save,SaveAs)


VBA ファイルを開く

ExcelマクロVBAで最も便利に感じるのが、


他のブックからデータを取得したり、他のブックのデータを変更したりする場合でしょう、

関数では出来ない完全自動化のシステムが作成できます。


ブック(Excelファイル)を扱う上で一番の問題は、
そのファイルがどこにあるか、つまりどこのフォルダに入っているかを特定しなければならない点です。
PCのフォルダはPCごとに違うため、どのPCでも動くマクロVBAを作るためには、ファイルの入っているフォルダを決めなければなりません。
しかし、固定の、例えば
C:\Excel専用\test\sanple.xls
※このように、ルートディレクトリ(Cドライブ当)からの全てのフォルダの道順を記したものを、フルパスと言います。
このように決め打ちした名前では、なにかと不便な事が多いです。
そこで、
マクロVBAの書かれている、つまりマクロ自身のファイルが入っているフォルダを取得し、
そのフォルダからの位置関係で全てのフォルダを指定するようにします。

ThisWorkbook.Path

これが、マクロVBAの書かれているファイルが入っているフォルダになります。

ExcelマクロVBA サンプル コード

実際に書いて実行してみて下さい。
以下では、このThisWorkbook.Pathを使ったVBAサンプルコードにしています。


■ブックを開く

ブックを開くには、

Workbooks.Open "フルパス"

文法的にはこれだけです。

そこで、上に書いたように、マクロ自身のいるパスを使って、以下のように書きます。

Workbooks.Open ThisWorkbook.Path & "\test.xlsx"

マクロ自身のブックと同じフォルダにある、test.xlsxを開きます。
ThisWorkbook.Pathとファイル名の間に"\"を忘れないようにして下さい。

開いた後、そのブックのシート・セルを扱うには、ブック名が必要になります。
test.xlsxの先頭シートのA1セルに"テスト"と入れる場合、

Workbooks("test.xlsx").Worksheets(1).Range("A1") = "テスト"

このようになりますが、"test.xlsx"という名前を複数個所に書くのは効率が悪いので、
以下のように、Setで変数に入れるか、Withで受けるようにします。

ExcelマクロVBA サンプル コード

ExcelマクロVBA サンプル コード

このように、
Setで変数に入れたりWithで受ける場合は、引数となるファイルのパス部分は()の中に書くようになります。
これは、VBAの文法としての決まりですので、そのように書くものだと理解してください。

上記はどちらでも同じですが、
複雑な(さらに多くのブックを扱う等の)マクロVBAの場合は、一旦Setで変数に入れた方が良いでしょう。


■ブックを閉じる

開かれているブックを閉じるには、

Workbooks("ブック名").Close

これでブックは閉じられるのですが、ブックに何らかの変更が発生しているときは、

エクセル マクロVBA 参考画面

このようなメッセージが出ます。
マクロVBAで自動化するには、保存するか保存しないかをはっきりさせる必要があります。

・変更があれば保存して閉じる場合
Workbooks("ブック名").Close savechanges:=True

・変更があっても保存しないで閉じる場合
Workbooks("ブック名").Close savechanges:=False

ここまで、
Workbooks("ブック名")
と書いてきましたが、通常はブックを開いたときに、

Setで変数に入れるか、Withで受けるているはずなので、VBAコードは以下のようになります。

ExcelマクロVBA サンプル コード

ExcelマクロVBA サンプル コード

上記のどちらでも書けるように、実際に書いて練習しましょう。


■上書き保存

開かれているブックを上書き保存するには、

Workbooks("ブック名").Save

これでブックは上書き保存されます。

しかし、ブックは開かれたままですので、普通は閉じることになります。
ブックを閉じるのは前述のとおりですので、
Workbooks("ブック名").Close savechanges:=True
これが使えれば、この上書き保存のSaveを使う事は少ないはずです。
ただし、念のための意味も含めて、

ExcelマクロVBA サンプル コード

このように書くことも結構ありますし、これはこれで良いと思います。


■名前を付けて保存

新規作成したブックを名前を付けて保存、または、開いたブックを別ファイルとして保存するには、

Workbooks("ブック名").SaveAs フルパス

このように書きます。
保存するブックが、どのように開かれたか、どのように作成されたかによって、
いくつかのパターンがあります。

・追加した新規ブックを保存する時

ExcelマクロVBA サンプル コード

・シートを新規ブックとしてコピーし保存する時

マクロ 入門 VBAコード

・開いたブックを別ファイルで保存する時

ExcelマクロVBA サンプル コード


■保存形式(ファイルの種類)について

エクセルでは、色々なファイル形式で保存できます。

名前を付けて保存する時に選べるファイルの種類
エクセル マクロVBA 参考画面

マクロVBAで特に何も指定しなければ、標準のファイル形式になります。
他のファイル形式にしたい場合は、マクロの記録をしてみましょう。
ただし、マクロが保存できないファイル形式の場合は、
通常のエクセルを選択してマクロの記録を開始してから、対象のブックに移動して保存操作をしてください。




同じテーマ「マクロVBA再入門」の記事

第16回.エクセルの機能を上手に使う
第17回.セルにブック・シートを指定する(Workbooks,Worksheets,With,Set)
第18回.シートをコピー・挿入・削除する(Worksheets,Copy,Add,Delete)
第19回.ブックを開く・閉じる・保存する(Workbooks,Open,Close,Save,SaveAs)
第20回.全てのシートに同じ事をする(For~Worksheets.Count)
第21回.ファイル一覧を取得する(Do~LoopとDir関数)
第22回.複数ブックよりデータを集める
第23回.複数のプロシージャーを連続で動かす(Callステートメント)
第24回.マクロの呪文を追加してボタンに登録(ScreenUpdating)
第25回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo1
第26回.月別ブックより部署別シートに担当別に集計するNo2


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • ブックを開く・閉じる・保存する(Workbooks,Open,Close,Save,SaveAs)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ