VBAサンプル集
写真の取込方法について(Pictures.Insert,Shapes.AddPicture)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2020-06-11

写真の取込方法について(Pictures.Insert,Shapes.AddPicture)


写真を取り込んで、アルバムのようにしたり、
各種の資料を作ったりと、写真をエクセルに取り込む機会は多いようです。


しかし、最近は写真のサイズも大きくなり、
手動で取り込んだままではスクロールもままならない状態となってしまいます。

そこで写真ファイルを指定し、A列に上から順番に貼り付け、
さらにセル内に収まるように縮小するマクロVBAになります。


Pictures.Insertメソッド

まずは、マクロの記録でも使われているPictures.Insertメソッドを使ったVBAサンプルです。



Sub sample1()
  Dim ws As Worksheet
  Dim FileName As Variant
  Dim sp As Shape
  Dim i As Long
  Dim j As Long
  Dim dblScal As Double
  
  FileName = Application.GetOpenFilename( _
    FileFilter:="画像ファイル,*.bmp;*.jpg;*.gif", _
    MultiSelect:=True)
  If Not IsArray(FileName) Then
    Exit Sub
  End If
  
  Set ws = ActiveSheet
  For Each sp In ws.Shapes
    If sp.TopLeftCell.Column = 1 Then
      sp.Delete
    End If
  Next
  
  j = 1
  For i = LBound(FileName) To UBound(FileName)
    ws.Cells(j, 1).Select
    With ws.Pictures.Insert(FileName(i))
      'サイズ調整、セル内に収める
      If ws.Cells(j, 1).Width / .Width < ws.Cells(j, 1).Height / .Height Then
        dblScal = WorksheetFunction.RoundDown(ws.Cells(j, 1).Width / .Width, 2)
      Else
        dblScal = WorksheetFunction.RoundDown(ws.Cells(j, 1).Height / .Height, 2)
      End If
      .Width = .Width * dblScal '縦横比を維持して縮小される
    End With
    j = j + 1
  Next i
End Sub

これで、とりあえず、ちゃんと貼りつきます。
シートには、写真そのものではなく、写真ファイルへのリンクが挿入されます。
このことにより、元ファイルが取り込んだ時のフォルダーに存在しないと表示できません。

これは不都合な場合が多いでしょう。
エクセルファイルだけでは配布できないですし、Excelファイルまたはファイル写真ファイルを移動してしまうとリンク切れとなってしまいます。
以下では、写真をリンクではなくエクセルに貼り付けています。

Shapes.AddPictureメソッド

Shapes.AddPictureメソッドを使ってリンクではなく写真を取り込みます。

Shapes.AddPictureメソッドの構文
Shapes.Addpicture(FileName、 linktofile、 savewithdocument、 Left、 Top、 Width、 Height)

名前 データ型 説明
FileName String 図を作成するファイルを指定します。
LinkToFile MsoTriState 図をグラフィック ファイルとリンクするかどうかを指定します。
MsoFalseを使用して、画像をファイルの独立したコピーとして作成します。
MsoTrueを使用して、図を作成元のファイルにリンクします。
SaveWithDocument MsoTriState 文書を保存するときに図も一緒に保存するかどうかを指定します。
ドキュメントにリンク情報のみを格納するには、msoFalseを使用します。
MsoTrueを使用して、リンクされた図を挿入先の文書と共に保存します。
もしLinkToFileがmsoFalseの場合は、この引数をmsoTrueに設定する必要があります。
Left Single 文書の左上隅を基準にして図の左上隅の位置をポイント単位で指定します。
Top Single 文書の上端を基準にして図の左上隅の位置をポイント単位で指定します。
Width Single ポイント単位での図の幅 (既存ファイルの幅を保持する場合は、-1 を入力してください)。
Height Single ポイント単位での図の高さ (既存ファイルの高さを保持する場合は、-1 を入力してください)。

全ての引数が必須です。



Sub sample2()
  Dim i As Long
  Dim j As Long
  Dim FileName As Variant
  Dim dblScal As Double
  Dim sp As Shape
  FileName = Application.GetOpenFilename( _
    FileFilter:="画像ファイル,*.bmp;*.jpg;*.gif", _
    MultiSelect:=True)
  If Not IsArray(FileName) Then
    Exit Sub
  End If
  For Each sp In ActiveSheet.Shapes
    If sp.TopLeftCell.Column = 1 Then
      sp.Delete
    End If
  Next
  j = 1
  For i = LBound(FileName) To UBound(FileName)
    Cells(j, 1).Select
    With ActiveSheet.Shapes.AddPicture( _
        FileName:=FileName(i), _
        LinkToFile:=False, _
        SaveWithDocument:=True, _
        Left:=Selection.Left, _
        Top:=Selection.Top, _
        Width:=0, _
        Height:=0)
      '一旦、元のサイズに戻す
      .ScaleHeight 1, msoTrue
      .ScaleWidth 1, msoTrue
      'サイズ調整、セル内に収める
      If Cells(j, 1).Width / .Width < Cells(j, 1).Height / .Height Then
        dblScal = WorksheetFunction.RoundDown(Cells(j, 1).Width / .Width, 2)
      Else
        dblScal = WorksheetFunction.RoundDown(Cells(j, 1).Height / .Height, 2)
      End If
      .Width = .Width * dblScal
      .Height = .Height * dblScal
    End With
    j = j + 1
  Next i
End Sub

Shapes.AddPictureでの取込時点では、サイズが不明なので、
Width:=0
Height:=0)
で、サイズ0で取り込んでいます。
その後、一旦、元のサイズに戻した後に、セル内に収めています。

写真そのものがエクセルに貼りついていますので、エクセルのサイズは当然大きくなります。
画像サイズを小さくして、サムネイルとして取り込む方法は以下を参照してください。
写真をサムネイルに変換して取り込む(Shapes.AddPicture)
写真を取り込んだ場合、リンクすると元のファイルが無いと画像が見られず、リンクせずに取り込むとファイルサイズが巨大化してしまいます。そこで、サムネイルを作成しそれをセルに貼り付け、元のファイルへのハイパーリンクを付けておくようにします。写真の取込方法の基本については以下をご覧ください。

Shapesに関連する記事

図形オートシェイプ(Shape)|VBA入門
マクロVBAで、オートシェイプ(図形)を扱う場合の解説です。オートシェイプ(図形)はShapeオブジェクトであり、ShapeオブジェクトのコレクションがShapesコレクションになります。Shapeオブジェクトは、多くのオブジェクトをメンバーに持った複雑なオブジェクトとなっています。
オートシェイプを他ブックの同じ位置に貼り付ける(Shapes,DrawingObjects)
コメントでリクエストを頂きました。「1つのシートにバラバラにあるオートシェープを一度に選択して、コピーし、ほかのブックのあるシートの同じ位置にペーストしたい」というもの。これには色々な問題が含まれています。
図形オートシェイプ(Shape)の複数選択
図形オートシェイプを複数選択するVBAについてのサンプルと簡単な解説です。Shapeオブジェクトは非常に複雑で、簡単な操作でもVBAの書き方が分からない場合も多くあります。Shapeの基本については以下を参照してください。
ShapesとDrawingObjectsの相違点と使い方
VBAで図(オートシェイプ等)を扱う時にいろいろ調べていくと、図(オブジェクト)のコレクションが二つあることに気づきます。Shapesコレクション DrawingObjectsコレクション WEBのサンプルや書籍では多くはShapesが使われているはずですが、時々DrawingObjectsを見かけることもあります。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

図を確認しながら消していく(Shape)
オートシェイプを他ブックの同じ位置に貼り付ける(Shapes,DrawingObjects)
全シートの画面キャプチャを取得する(keybd_event)
写真の取込方法について(Pictures.Insert,Shapes.AddPicture)
写真をサムネイルに変換して取り込む(Shapes.AddPicture)
円グラフの色設定(Chart,SeriesCollection)
棒グラフ・折れ線グラフのサンプルマクロ
人口ピラミッドのグラフをマクロで作成
グラフで特定の横軸の色を変更し基準線を引くマクロ
グラフのデータ範囲を自動拡張するマクロ
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)
VBAのString型の最大文字数について|エクセル雑感(6月20日)
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける|VBAサンプル集(6月19日)
アクティブシート以外の表示(Window)に関する設定|VBA技術解説(6月17日)
マクロ記録での色のマイナス数値について|エクセル雑感(6月16日)
ツイッター投稿用に文字数と特定文字で区切る|エクセル雑感(6月15日)
日付の謎:IsDateとCDate|エクセル雑感(6月14日)
IFステートメントの判定|エクセル雑感(6月13日)
インクリメンタルサーチの実装|ユーザーフォーム入門(6月12日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ