VBA関数
IsObject関数

Excelマクロで必須のVBA関数を入門・初級・初心者向けに詳細解説
最終更新日:2020-01-20

IsObject関数


識別子(主にバリアント変数)がオブジェクト変数を表しているかどうかを判断する場合に使用します。
バリアント変数がオブジェクト変数を表しているかどうかを示すBoolean値(True/False)を返します。


IsObject関数の構文

Isobject(識別子)

識別子は、主にバリアント変数名を指定します。

IsObject関数の解説

Isobject関数は、バリアント変数がオブジェクトであるかどうかを判断する場合にのみ役立ちます。

識別子がObject型または任意の有効なクラス型を使用して宣言されている場合、または、VarType vbobjectのバリアント型 (Variant) の場合、またはユーザー定義のオブジェクトの場合はTrueを返します。
それ以外の場合は、 Falseを返します。
具体的に説明すると、

変数が次の場合に、IsObject関数はTrueを返します。
・Object型で宣言されている場合

・固有オブジェクト型で宣言されている場合
・バリアント変数がオブジェクトを表している場合
・変数にNothingが設定されている場合
上記以外の場合は、 IsObject関数はFalseを返します。
したがって、VBAの基本データ型(プリミティブ型)は常にFalseが返りますので判定する意味はありません。

Object型と固有オブジェクト型について
第52回.オブジェクト変数とSetステートメント|VBA入門
変数のデータ型の説明において、Object…オブジェクト型 というのがあった事を覚えているでしょうか。数値や文字ではなく、オブジェクトを入れる変数がオブジェクト変数です。オブジェクトと言っても、いろいろなものがあります。

IsObjectはクラスがインスタンス化(New)されているかどうかの判定には使えません。
クラスがインスタンス化されているかどうかを判定するには、Is Nothingを使用してください。
VBAを使い始めてからある程度進むとオブジェクト変数を必ず使い始めることになります。しかし、オブジェクト変数をどうやって使ったらよいのか、オブジェクト変数とはどういうものなのか… ここの理解で苦しんでいることが多々あるようです。VBA入門は現在137回までありますが、オブジェクト変数については第52回.オブジェクト変数とSetステートメントででてきます。

IsObject関数に指定できない変数

IsObject関数に、ユーザー定義型(Type)の変数を指定することはできません。

IsObject関数の使用例

Dim vObject As Object
Debug.Print IsObject(vObject) 'True

Dim vRange As Range
Debug.Print IsObject(vRange) 'True

Dim vClass As クラス名
Debug.Print IsObject(vClass) 'True

Dim vLong As Long
Debug.Print IsObject(vLong) 'False

Dim vVariant As Variant
Debug.Print IsObject(vVariant) 'False
Set vVariant = Nothing
Debug.Print IsObject(vVariant) 'True
vVariant = "abc"
Debug.Print IsObject(vVariant) 'False
Set vVariant = Range("A1")
Debug.Print IsObject(vVariant) 'True

Variant変数がNothingとなっている場合にもTrueが返る事に注意してください。
実務的な使用場面としては、
以下のように関数Function等の代入ステートメントでの書き分けに使用されることが多いでしょう。



Function fnc(arg As Variant) As Variant
  If IsObject(arg) Then
    Set fnc = arg
  Else
    fnc = arg
  End If
End Function

変数がオブジェクト(Nothingを含む)を表している場合、代入ではSetステートメントの記述が必要になります。
逆に、オブジェクト以外の場合には、Setステートメントを記述することができません。


※VBA関数一覧

VBA関数の一覧と解説です、どんな関数があるかは一度は確認しておくとをお勧めいたします。どんな関数があるだけでも知っておけば、詳細の使い方は実際に使うときに調べても良いでしょう。文字列操作…34 分岐…3 型変換…14 データ判定…10 日付時刻…20 配列…6 ファイル操作…14 数学/財務…28 その他…18 MicrosoftDocsOfficeV…



同じテーマ「VBA関数」の記事

IsEmpty関数
IsNumeric関数
IsMissing関数
IsObject関数
IsError関数
IsNull関数
TypeName関数
VarType関数
Date関数
DateAdd関数
DateDiff関数


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)
VBAのString型の最大文字数について|エクセル雑感(6月20日)
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける|VBAサンプル集(6月19日)
アクティブシート以外の表示(Window)に関する設定|VBA技術解説(6月17日)
マクロ記録での色のマイナス数値について|エクセル雑感(6月16日)
ツイッター投稿用に文字数と特定文字で区切る|エクセル雑感(6月15日)
日付の謎:IsDateとCDate|エクセル雑感(6月14日)
IFステートメントの判定|エクセル雑感(6月13日)
インクリメンタルサーチの実装|ユーザーフォーム入門(6月12日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ