VBA練習問題
VBA100本ノック 19本目:図形のコピー

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2020-11-08

VBA100本ノック 19本目:図形のコピー


シートの全図形をコピーする問題です。
繰り返し実行しても図形が増殖しないようにします。


ツイッター連動企画です。
ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 19本目
引数でWorksheetを受け取り以下の処理を行うSubを作成してください。
シートの全図形について画像のように元図形の真横にくっ付けてコピー。
繰り返し実行しても増殖しないように工夫する。
※何らかの規則・制限を設けて構いません。
※入力規則のリストに気を付けて。

マクロ VBA 100本ノック

マクロ VBA 100本ノック


頂いた回答

解説

シートの全図形はShapes(Shapeのコレクション)に入っています。
Shapesには入力規則のドロップダウンも含まれているので対象外にする必要があります。
ShapeをコピーするメソッドはCopyですが、同一シート内の場合はDuplicateが便利です。
複製した図形には特別な名前を付けて判別しています。

Sub VBA100_19_01(ByVal ws As Worksheet)
  Dim sp As Shape
  
  For Each sp In ws.Shapes
    If sp.Name Like "*【VBA100_19】*" Then
      sp.Delete
    End If
  Next
  
  For Each sp In ws.Shapes
    If sp.Type <> msoFormControl And sp.Type <> msoOLEControlObject Then
      With sp.Duplicate
        .Name = sp.Name & "【VBA100_19】"
        .Top = sp.Top
        .Left = sp.Left + sp.Width
      End With
    End If
  Next
End Sub


Duplicateはオブジェクトを返してくれるので便利ですね。
増殖を抑える方法として、Nameの代わりにAlternativeTextを使うような方法も考えられそうです。
AlternativeTextとCopyメソッドを使った場合のVBAサンプルは記事補足に掲載しました。


補足

コピーの増殖を抑える方法について
元の図とコピーした図を判別する為には何らかの規則・制限が必要になります。
いろいろな方法が考えられますが、
・規則・制限による不便さ
・実装の容易さ
これらを天秤にかけることになります。
規則は確実に守られるならどんな規則でも良いのですが、出来れば規則を知らなくても自然と守られるような規則が望ましいですね。
名前に通常使わないような特別な文字列を使う方法は簡易かつかなり確実に守られると思います。
最大の欠点は、これによりコピーされた図を、さらに手動でコピーした時になると思います。
名前もそのままコピーされてしまうので、これは判別できなくなります。

CopyメソッドとDuplicateメソッド
ShapeのCopyメソッドは戻り値がなく、コピーされた図形が選択状態になります。
対して、Duplicateメソッドは複製してオブジェクトが返されます。
したがって、Duplicateを使うと図形を複製した後のオブジェクトが簡単に指定できるところが便利です。

入力規則のドロップダウンについて
入力規則のドロップダウンは、シートを開いて一度も使っていないとShapesに入っていないのですが、
セルを選択して、▽を表示した時点でShapesに入ってきます。
そもそもフォームコントロールを共通に扱うのは難しいので、これを除外しました。
ActiveXコントロールも併せて除外しています。

ShapeのType
MsoShapeType列挙 説明
msoAutoShape 1 オートシェイプ
msoCallout 2 引き出し線
msoCanvas 20 キャンバス
msoChart 3 グラフ
msoComment 4 コメント
msoDiagram 21 ダイアグラム
msoEmbeddedOLEObject 7 埋め込み OLE オブジェクト
msoFormControl 8 フォーム コントロール
msoFreeform 5 フリーフォーム
msoGroup 6 グループ
msoIgxGraphic 24 SmartArt グラフィック
msoInk 22 インク
msoInkComment 23 インク コメント
msoLine 9 直線
msoLinkedOLEObject 10 リンク OLE オブジェクト
msoLinkedPicture 11 リンク画像
msoMedia 16 メディア
msoOLEControlObject 12 OLE コントロール オブジェクト
msoPicture 13 画像
msoPlaceholder 14 プレースホルダー
msoScriptAnchor 18 スクリプト アンカー
msoShapeTypeMixed -2 図形の種類の組み合わせ
msoTable 19 テーブル
msoTextBox 17 テキスト ボックス
msoTextEffect 15 テキスト効果

CopyメソッドとAlternativeTextを使ったサンプル
Sub VBA100_19_02(ByVal ws As Worksheet)
  Dim sp As Shape
  
  For Each sp In ws.Shapes
    If sp.AlternativeText Like "*【VBA100_19】*" Then
      sp.Delete
    End If
  Next
  
  For Each sp In ws.Shapes
    If sp.Type <> msoFormControl And sp.Type <> msoOLEControlObject Then
      sp.Copy
      Application.Wait Now() + TimeSerial(0, 0, 1)
      ws.Paste
      Application.Wait Now() + TimeSerial(0, 0, 1)
      With ws.Shapes(ws.Shapes.Count)
        .AlternativeText = sp.AlternativeText & vbCrLf & "【VBA100_19】"
        .Top = sp.Top
        .Left = sp.Left + sp.Width
      End With
    End If
  Next
  
  ws.Protect
  ws.Unprotect
End Sub

複製した図形の判定にAlternativeTextを使用しています。
Copyメソッドを使用しているので、コピー後のオブジェクトを特定するためにコピーされた図形はコレクションの最後に入ることを利用しています。
これは、Selectionを使ってもよいでしょう。

ただし上記VBAのとおり、CopyおよびPasteでは、一定時間の待ちを設ける必要があります。
待ちを入れなくても上手く動作する場合もありますが、かなりの確率でエラーになってしまいます。
Shapeの数が多い場合は処理時間がとてもかかってしまいます。

VBA終了時に図形が選択された状態を解除するのに、シートをSelectせずに行う方法としてProtectを利用しています。


サイト内関連ページ

名前定義|エクセル入門
セル範囲や数式に名前を付けることができます。この名前定義は、エクセルで複雑な設定をしたい場合には必須の技術になります。名前ボックス このA1等のセル番地が表示されている部分を「名前ボックス」と呼びます。
第92回.名前定義(Names)|VBA入門
名前定義をマクロVBAで扱う場合の解説になります、名前定義は、複数セル範囲や単一セルに対して名前を付けることで、そのセル範囲を参照する時に名前で参照できるようにするものです。名前で参照できることで、セル位置(行位置、列位置)を固定値で指定しなくて済むようになります。
名前定義の一覧と削除(Name)|VBAサンプル集
名前定義は使い方によっては、とても便利な機能ですが、長く使っているブックでは、とても多くの名前定義が入ってしまっていたり、参照エラーを起こしている名前定義が多数あったりと、管理に困る場合も多々出てきます。これらが発生する原因としては、ブック間のシートコピーで増えていってしまったり、シートおよびセルの削除によって参照エラーになったままにしておくことで、
指定セルに名前定義されているか判定する|VBAサンプル集
名前定義は、VBAでは、セル位置の特定において重要な役割を持ちます、あるセルが名前定義されているか判定するVBAになります。ここでは、名前定義されている場合は、その名前定義を削除するVBAサンプルとしています。指定セル範囲が何らかの名前定義に含まれているか Subsample1(rngAsRange) DimnmAsName ForEachnmInNam…




同じテーマ「Python入門」の記事

VBA100本ノック 16本目:無駄な改行を削除
VBA100本ノック 17本目:重複削除(ユニーク化)
VBA100本ノック 18本目:名前定義の削除
VBA100本ノック 19本目:図形のコピー
VBA100本ノック 20本目:ブックのバックアップ
VBA100本ノック 21本目:バックアップファイルの削除
VBA100本ノック 22本目:FizzBuzz発展問題
VBA100本ノック 23本目:シート構成の一致確認
VBA100本ノック 24本目:全角英数のみ半角
VBA100本ノック 25本目:マトリック表をDB形式に変換
VBA100本ノック 26本目:ファイル一覧作成


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBA100本ノック 34本目:配列の左右回転|VBA練習問題(11月28日)
VBA100本ノック 33本目:マクロ記録の改修|VBA練習問題(11月26日)
VBA100本ノック 32本目:Excel終了とテキストファイル出力|VBA練習問題(11月25日)
VBA100本ノック 31本目:入力規則|VBA練習問題(11月24日)
将棋とプログラミングについて~そこには型がある~|エクセル雑感(11月22日)
VBA100本ノック 30本目:名札作成(段組み)|VBA練習問題(11月22日)
VBA100本ノック 29本目:画像の挿入|VBA練習問題(11月21日)
VBA100本ノック 28本目:シートをブックに分割|VBA練習問題(11月19日)
VBA100本ノック 27本目:ハイパーリンクのURL|VBA練習問題(11月18日)
VBA100本ノック 26本目:ファイル一覧作成|VBA練習問題(11月17日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ