VBA練習問題
VBA100本ノック 24本目:全角英数のみ半角

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2020-11-14

VBA100本ノック 24本目:全角英数のみ半角


全角英数のみ半角かつ大文字にするFunctionを作成する問題です。


ツイッター連動企画です。
ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 24本目
引数で受け取った文字列に対して、以下の処理を行い文字列で返す関数(Function)を作成してください。
・英小文字は英大文字にする
・全角の英数文字は半角にする
※英数文字とは:A-Z,a-z,1-9
"あいうABCアイウabc123"

"あいうABCアイウABC123"


※英数文字とは:A-Z,a-z,1-9
↑これは書き間違いです。
※英数文字とは:A-Z,a-z,0-9
数字は0-9です。
普通に書き間違えました。


頂いた回答

解説

いつもはるべく平易なコードから紹介するのですが、今回は私が解答用に作成した順番にしてみます。
まずは、
・Forで1文字ずつ取り出しながらLike+Midステートメント+StrConv
Mid関数ではなくMidステートメントです。

Function VBA100_24_01(ByVal s As String) As String
  Dim i As Long
  
  For i = 1 To Len(s)
    If Mid(s, i, 1) Like "[A-Za-z0-9]" Then
      Mid(s, i, 1) = StrConv(Mid(s, i, 1), vbNarrow + vbUpperCase)
    End If
  Next
  
  VBA100_24_01 = s
End Function


続いて、
・Forで1文字ずつ取り出しながらUCase+Select Case+StrConv
そういえば、回答でSelect Caseを使っているのは見なかった気がしますが、範囲指定できるので結構便利です。

Function VBA100_24_02(ByVal s As String) As String
  Dim i As Long, tmp As String
  
  For i = 1 To Len(s)
    tmp = UCase(Mid(s, i, 1))
    Select Case tmp
      Case "A" To "Z", "0" To "9"
        tmp = StrConv(tmp, vbNarrow)
    End Select
    VBA100_24_02 = VBA100_24_02 & tmp
  Next
End Function


その他としては、
・RegExp+Midステートメント+StrConv
・英数文字リストすべてをReplace
これらのVBAは、記事補足に掲載しました。


補足

上記VBAの要点は、
Like演算子Select CaseMidステートメント
これらの使い方だけだと思います。
これらについては以下を参照してください。
第22回.条件分岐(Select Case)
前回のElseIf以外に、多肢条件分岐の別の書き方があります。それがSelectCaseになります。むしろElseIfより、このSelectCaseの方が、より多肢条件分岐に適していると言えます。SelectCaseは、多肢条件分岐に特化したステートメントになります。
第49回.Like演算子とワイルドカード
文字列比較において部分一致やパターンマッチングでの文字列比較を行う時に使うのがLike演算子です。Like演算子は、2つの文字列のパターンマッチングを行い、規則に一致しているかどうかの結果をTrue(一致)またはFalse(不一致)で返します。
第101回.Midステートメント
Midステートメントは、文字列変数の一部を他の文字列に置き換えます。これは、VBAのステートメントで、Mid関数とは根本的に違うものです。Mid関数と誤解されがちですが、全く別物になります。Mid関数は、文字列の一部を取り出す関数ですが、Midステートメントは、文字列の一部を置換するものです。

RegExp+Midステートメント+StrConv
Function VBA100_24_03(ByVal s As String) As String
  Dim re As New RegExp
  Set re = CreateObject("VBScript.RegExp")
  re.Pattern = "[A-Z0-9]+"
  re.Global = True
  
  Dim mc As Object, m As Object, rtn As String
  rtn = UCase(s)
  Set mc = re.Execute(rtn)
  For Each m In mc
    Mid(rtn, m.FirstIndex + 1, m.Length) = StrConv(m.Value, vbNarrow)
  Next
  Set re = Nothing
  
  VBA100_24_03 = rtn
End Function

正規表現で変換対象を取得するところまでは良いのですが、
その後の文字列置換にReplaceを使うのは、あまり良い感じがしませんでした。
いろいろ考えたのですが、結局最初に使ったMidステートメントに落ち着いてしまいました。
VBAで正規表現を利用する(RegExp)
正規表現は複雑なパターンマッチングとテキストの検索置換するためのツールです、VBAで正規表現を使う場合はRegExpオブジェクトを使用します、RegExpは、VBScriptに正規表現として用意されているオブジェクトです。目次 メタ文字 正規表現 正規表現RegExpの使い方 RegExpオブジェクト RegExpの使用例 RegExp関連のオブジェクト…

英数文字リストすべてをReplace
Function VBA100_24_04(ByVal s As String) As String
  Const tagetChar = "ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789"
  
  Dim i As Long
  For i = 1 To Len(tagetChar)
    s = Replace(s, Mid(tagetChar, i, 1), Mid(tagetChar, i, 1), , , vbTextCompare)
  Next
  
  VBA100_24_04 = s
End Function

発想を逆にして、変換すべき文字リストを用意してReplaceで全て変換しています。
vbTextCompare
これは、全角半角、大文字小文字が区別されません。
Replace関数
Replace関数は、指定された文字列の一部を、別の文字列で指定された回数分で置換した文字列を返します。引数compareの指定りより、全角半角、大文字小文字の扱いが変わります。Replace関数 Replace(expression,find,replace[,start[,count[,compare]]]) expression 必ず指定します。
したがって、
Replace(文字列, "A", "A", , , vbTextCompare)
これで、
半角小文字の"a"、全角大文字の"A"、全角小文字の"a"
これらが半角大文字の"A"に置換されます。

文字コードの変換で処理
文字コードの規則性を利用して変換するものです。
全角文字コードに一定数を加減算することで文字を変換します。
同種の文字コードは連続配置されているので規則性が見つかれば加減算することで対応する文字に変換できます。
これについては回答にあるので参考にしてください。


サイト内関連ページ

第22回.条件分岐(Select Case)
前回のElseIf以外に、多肢条件分岐の別の書き方があります。それがSelectCaseになります。むしろElseIfより、このSelectCaseの方が、より多肢条件分岐に適していると言えます。SelectCaseは、多肢条件分岐に特化したステートメントになります。
第47回.VBA関数(文字列操作,Replace,InStr,StrConv)
文字列操作は、マクロVBAでプログラミングする上で必須です、データ整形、データクレンジング、データクリーニング、これらを行うVBAにおいて不可欠なものが、文字列操作関数です。ここでは、文字列操作に関するVBA関数の一覧と Replace関数、InStr関数、StrConv関数について解説します。
第49回.Like演算子とワイルドカード
文字列比較において部分一致やパターンマッチングでの文字列比較を行う時に使うのがLike演算子です。Like演算子は、2つの文字列のパターンマッチングを行い、規則に一致しているかどうかの結果をTrue(一致)またはFalse(不一致)で返します。
第101回.Midステートメント
Midステートメントは、文字列変数の一部を他の文字列に置き換えます。これは、VBAのステートメントで、Mid関数とは根本的に違うものです。Mid関数と誤解されがちですが、全く別物になります。Mid関数は、文字列の一部を取り出す関数ですが、Midステートメントは、文字列の一部を置換するものです。
Replace関数
Replace関数は、指定された文字列の一部を、別の文字列で指定された回数分で置換した文字列を返します。引数compareの指定りより、全角半角、大文字小文字の扱いが変わります。Replace関数 Replace(expression,find,replace[,start[,count[,compare]]]) expression 必ず指定します。
VBAで正規表現を利用する(RegExp)
正規表現は複雑なパターンマッチングとテキストの検索置換するためのツールです、VBAで正規表現を使う場合はRegExpオブジェクトを使用します、RegExpは、VBScriptに正規表現として用意されているオブジェクトです。目次 メタ文字 正規表現 正規表現RegExpの使い方 RegExpオブジェクト RegExpの使用例 RegExp関連のオブジェクト…




同じテーマ「Python入門」の記事

VBA100本ノック 21本目:バックアップファイルの削除
VBA100本ノック 22本目:FizzBuzz発展問題
VBA100本ノック 23本目:シート構成の一致確認
VBA100本ノック 24本目:全角英数のみ半角
VBA100本ノック 25本目:マトリック表をDB形式に変換
VBA100本ノック 26本目:ファイル一覧作成
VBA100本ノック 27本目:ハイパーリンクのURL
VBA100本ノック 28本目:シートをブックに分割
VBA100本ノック 29本目:画像の挿入
VBA100本ノック 30本目:名札作成(段組み)
VBA100本ノック 31本目:入力規則


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBA100本ノック 34本目:配列の左右回転|VBA練習問題(11月28日)
VBA100本ノック 33本目:マクロ記録の改修|VBA練習問題(11月26日)
VBA100本ノック 32本目:Excel終了とテキストファイル出力|VBA練習問題(11月25日)
VBA100本ノック 31本目:入力規則|VBA練習問題(11月24日)
将棋とプログラミングについて~そこには型がある~|エクセル雑感(11月22日)
VBA100本ノック 30本目:名札作成(段組み)|VBA練習問題(11月22日)
VBA100本ノック 29本目:画像の挿入|VBA練習問題(11月21日)
VBA100本ノック 28本目:シートをブックに分割|VBA練習問題(11月19日)
VBA100本ノック 27本目:ハイパーリンクのURL|VBA練習問題(11月18日)
VBA100本ノック 26本目:ファイル一覧作成|VBA練習問題(11月17日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ