Googleスプレッドシート入門 | 書式を設定する | Google スプレッドシートの入門解説です



最終更新日:2016-09-22

書式を設定する

Googleスプレッドシートに書式を設定します、

表を作るのですが、見栄えも重要な要素になります。

まず、以下のように文字を入れました。




この見栄えを調整します。



このように書式を整えてみましょう。


列幅の調整

列幅の調整は、Excel同様に、
列見出しの境目にカーソルを当てて、左右矢印カーソルにして行います。



カーソルがこの状態でクリックし、左右にドラッグで幅を調整します。

ダブルクリックで、自動調整もできます。


各種の書式は、ヘッダー部のアイコンで操作できます。



各アイコンに、マウスカーソルを当てると、
ツールチップ(日本で補足情報)が表示されますし、
Excel等の他のソフトと、ほぼ同様のアイコンが使われているので、直観的に分かるはずです。




水平方向の配置


フォント




塗りつぶし


罫線


書式の設定は、ほぼExcelと同様操作で出来ます。
太字、テキストの色、セルの結合
等々、良く使うもののアイコンの位置を確認しておきましょう。




同じテーマ「Googleスプレッドシート入門」の記事

Googleスプレッドシートを使ってみよう
書式を設定する
計算式を入れる
関数を使う(SUM)
関数を使う(VLOOKUP)
関数を使う(IF,IFERROR)
関数一覧(Excelとの差異)
条件付き書式
入力規則
シートを保護
シートをコピー

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧|VBA技術解説(1月20日)
VBAでファイルを規定のアプリで開く方法|VBA技術解説(1月20日)
ドキュメントプロパティ(BuiltinDocumentProperties,CustomDocumentProperties)|VBA技術解説(1月19日)
他ブックへのリンクエラーを探し解除|VBAサンプル集(1月15日)
特殊フォルダの取得(WScript.Shell,SpecialFolders)|VBA技術解説(1月1日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

本文下部へ

↑ PAGE TOP