Googleスプレッドシート入門
シートを保護

Google スプレッドシートの入門解説です
公開日:2016-09-24 最終更新日:2016-09-24

シートを保護

Googleスプレッドシートでシートを保護します、


関数をいれたり、条件付き書式、入力規則を設定しても、

間違った操作で消してしまっては、あまりにも悲しい。

シートを保護して、入力するセル以外は変更できないようにしておきましょう。

その為の機能が、シート保護です。


メニューの
ツール→シートを保護

スプレッドシート 参考画面

または、

シート名を右クリック→シートを保護

スプレッドシート 参考画面

画面の右に、

スプレッドシート 参考画面


大きく分かれていて、
範囲
シート
この二通りの設定になっています。
ここは、Excelのシート保護とだいぶ違った考え方になります。


シート

初期として、シートが選択されています。

・シート選択
保護するシートを選択します。
初期値として、現在のアクティブシート(選択中のシート)になっています。
アクティブシート以外を保護する場合は、ここを変更してください。

・特定のセルを除く
保護しないセル、つまり、普通に入力するセル範囲を指定します。
チェックを付けると、

スプレッドシート 参考画面

保護しないセル範囲を指定するボックスが表示されます。
初期値は、選択しているセル範囲が表示されています。

スプレッドシート 参考画面

ボックス右隅の9マスのアイコンをクリックします。

スプレッドシート 参考画面

ボックス内をクリックしてから、
保護しないセル範囲を、マウスのドラッグ操作で指定します。
保護しないセル範囲を指定出来たら、
「OK」をクリック

スプレッドシート 参考画面

保護しないセル範囲が、複数個所ある場合は、
別の範囲を追加」で、追加していきます。

設定は以上です。
「権限を設定」に進みます。


範囲

「範囲」をクリックしてください。

初期として、選択中のセル範囲が表示されます。

スプレッドシート 参考画面

ボックス右隅の9マスのアイコンをクリックします。

スプレッドシート 参考画面

ボックス内をクリックしてから、
保護するセル範囲を、マウスのドラッグ操作で指定します。
保護するセル範囲を指定出来たら、
「OK」をクリック

スプレッドシート 参考画面

保護するセル範囲が、複数個所ある場合は、
別の範囲を追加」で、追加していきます。

設定は以上です。
「権限を設定」に進みます。


権限を設定

編集できる権限の設定をします。
「権限を設定」をクリックしてください。

スプレッドシート 参考画面

どちらにするかは、運用方法次第です。

数式などは、通常は間違って消したくはないが、時々変更したい時などは、
この範囲を編集する時に警告を表示する
で良いと思います。

大人数で共有して、共同編集する時などは、
この範囲を編集できるユーザーを制限する
が良いでしょう。
「自分のみ」をクリックして、より詳細を設定できます。
スプレッドシート 参考画面

詳細設定では、
メールアドレスで、編集を許可するユーザーを追加できます。


Googleスプレッドシートは、複数人で共有できることが最大のメリットの一つです。
複数人で共有した場合、どうしても間違った操作が行われる危険が増えます。
これを防ぐためにも、シート保護をしっかりと設定しておくことが望ましいです。




同じテーマ「スプレッドシート入門」の記事

関数を使う(IF,IFERROR)

GoogleスプレッドシートでIF関数、IFERROR関数を使います、IF関数は、処理を分岐させます、IFERROR関数は、エラーの時の表示を変更します。前回までに作成した以下の表の、表示が見苦しいので、#N/Aの表示を消そうと思います。このような場合、Excelでも IFERROR関数 が良く使われます。
関数一覧(Excelとの差異)
Googleスプレッドシートにあって、Excelにない関数、Excelにあって、Googleスプレッドシートにない関数、これらの内、代表的なものを記載します。決してすべてではありません。バージョンとともに関数も増えていきますので、現時点で、知っておいた方が良い・便利・良く使う と判断した関数を記載しました。
条件付き書式
Googleスプレッドシートで条件付き書式を設定します、条件付き書式は、条件によってセルの書式を変更出来る機能です。・入力間違いの防止 ・特定のセルを目立たせる これらの目的で使われる機能です。前回までに作成した、以下の表で、商品コードが入っていて、数量が未入力の時 E列の数量のセルに色を付けてみましょう。
入力規則
Googleスプレッドシートで入力規則を設定します、入力規則は、間違った入力をさせないために、セルに入力できる値を制限する機能です。以下の表に、B列の商品コードには、「商品マスタ」の商品コードをリスト表示 E列の数量には、0~100の数値 このように入力規則を設定します。
シートを保護
シートをコピー
Googleスプレッドシートでシートをコピーします、同一ブック(同じスプレッドシート)内にコピーする場合と、別ブック(別のスプレッドシート)にコピーする場合があります。特に、シートをコピーして新規ブックを作成したい場合は、Excelに比べて少々面倒です。
わからない時はヘルプを見よう
わからない事が出てきたら、まず最初にGoogleスプレッドシートヘルプを見ましょう、非常に多くの有益な情報が掲載されています。目的の情報が見つからなければ、次はもちろんググってください。下では、ヘルプを使う手順を載せていますが、その手順さえもショートカットしたい人向けに Googleドキュメントエディタヘルプセンタ…
他のスプレッドシートからインポート(IMPORTRANGE)
Googleスプレッドシートで他のスプレッドシート(他のブック)から、データをインポートしして使用します、スプレッドシートでは、Excelのような単純な参照は、他のブックに対しては出来ません。以下の二つのスプレッドシートを使います。部署別集計に、売上明細を部署別に集計します。
他のスプレッドシートからVLOOKUPで取得
Googleスプレッドシートで他のスプレッドシート(他のブック)から、VLOOKUP関数を使って、データを取得します、スプレッドシートでは、Excelのような単純な参照は、他のブックに対しては出来ません。以下の二つのスプレッドシートを使います。
QUERY関数を使って条件付き集計
Googleスプレッドシートで、QUERY関数を使って条件に合致したデータを集計します、QUERY関数は、クエリ言語を使用してクエリを実行しデータを取得します。使われるクエリ言語は、GoogleVisualizationAPIのクエリ言語になります。
他のスプレッドシートからQUERYで取得
Googleスプレッドシートで他のスプレッドシート(他のブック)から、QUERY関数を使って、データを取得します、スプレッドシートでは、Excelのような単純な参照は、他のブックに対しては出来ません。QUERY関数を使って条件付き集計 こちらの、別ブックからの集計版になります。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ