Googleスプレッドシート応用
他のスプレッドシートからVLOOKUPで取得

Google スプレッドシートの応用編です
最終更新日:2021-04-14

他のスプレッドシートからVLOOKUPで取得

Googleスプレッドシートで他のスプレッドシート(他のブック)から、


VLOOKUP関数を使って、データを取得します、

スプレッドシートでは、Excelのような単純な参照は、他のブックに対しては出来ません。


以下の二つのスプレッドシートを使います。

Google スプレッドシート 画像

Google スプレッドシート 画像


B列の商品コードを入力したら、自動的にC列の商品名を表示します。

VLOOKUP関数で、直接、他のブック(他のスプレッドシート)を参照することはできません。
ここは、Excelと大きく違うところです。


シートをコピーして使っても良いですが、データが変更されるたびにコピーし直しが発生してしまいます。
Googleスプレッドシートでシートをコピーします、同一ブック(同じスプレッドシート)内にコピーする場合と、別ブック(別のスプレッドシート)にコピーする場合があります。特に、シートをコピーして新規ブックを作成したい場合は、Excelに比べて少々面倒です。
そこで、データがリンクした状態で参照できるようにしたいという事です。


Excelでは

Excelなら、直接、他のブックからVLOOKUPで取得出来ますが、
Excelの場合は、別の問題があります。
それは、Excelファイルは簡単に移動出来てしまうので、
リンク切れが発生しやすく、運用に注意が必要です。


Googleスプレッドシートでは

他のブック(他のスプレッドシート)のデータをインポートして使うのが良いです。
Googleスプレッドシートで他のスプレッドシート(他のブック)から、データをインポートしして使用します、スプレッドシートでは、Excelのような単純な参照は、他のブックに対しては出来ません。以下の二つのスプレッドシートを使います。部署別集計に、売上明細を部署別に集計します。
しかし、マスタのようなスプレッドシートは、あちこちで参照したいので、
直接参照出来れば、非常に便利になります。
それには、
VLOOKUP関数の中に、
IMPORTRANGE関数
入れ子(ネスト)で組み合わせることで実現します。


スプレッドシートキー

Excelで言えばファイル名に相当します。
スプレッドシート(ブック)の場合は、
URIの一部に、ファイル名入っています。

Google スプレッドシート 画像

https://docs.google.com/spreadsheets/d/○△□/edit#gid=0

URIの、この「○△□」の部分を、

スプレッドシートキー
と言います。
このスプレッドシートキーをコピーしておきましょう。


VLOOKUP関数にIMPORTRANGE関数を組み込む

VLOOKUP関数の構文
VLOOKUP(検索キー, 範囲, 指数, [並べ替え済み])

IMPORTRANGE関数の構文
IMPORTRANGE(スプレッドシートキー, 範囲の文字列)

この二つの関数を組み合わせます。
VLOOKUPの第2引数の範囲に、IMPORTRANGEを使います。

C2セルに、
=VLOOKUP($B2,IMPORTRANGE("○△□","商品マスタ!A:C"),2,false)
と入力します。

「○△□」は、スプレッドシートキーです。

B2セルに商品コードを入れて数式の結果を確認してください。

Google スプレッドシート 画像

上記数式バーは編集しています。


IMPORTRANGE関数を単独で使うと、アクセスを許可が必要になりますが、
VLOOKUP関数に組み込む時は、アクセスを許可を求められませんでした。
アクセスを許可の手順が減ることは良いのでが、根拠がはっきりしません。




同じテーマ「スプレッドシート入門」の記事

関数を使う(IF,IFERROR)
関数一覧(Excelとの差異)
条件付き書式
入力規則
シートを保護
シートをコピー
わからない時はヘルプを見よう
他のスプレッドシートからインポート(IMPORTRANGE)
他のスプレッドシートからVLOOKUPで取得
QUERY関数を使って条件付き集計
他のスプレッドシートからQUERYで取得


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ