Googleスプレッドシート入門
入力規則

Google スプレッドシートの入門解説です
最終更新日:2016-09-26

入力規則

Googleスプレッドシートで入力規則を設定します、


入力規則は、間違った入力をさせないために、

セルに入力できる値を制限する機能です。


以下の表に、
B列の商品コードには、「商品マスタ」の商品コードをリスト表示
E列の数量には、0~100の数値
このように入力規則を設定します。

Google スプレッド 参考画像


B列の商品コードには、「商品マスタ」シートの商品コードをリスト表示

B2~B11を選択し、
メニューの
データ→入力規則

Google スプレッド 参考画像

Google スプレッド 参考画像

セル範囲は、既に入ってます。
そして、
リストを範囲で設定初期値になっていますので、
そのまま。

「条件のリストを範囲で選択」の右の赤枠のボックスに、
リストとなる一覧、ここでは「商品マスタ」のA列の商品コードの範囲を指定します。

・「商品マスタ」へ移動
・赤枠のボックスをクリック
・A2~A11をドラッグで選択


Google スプレッド 参考画像


これで「OK」です。
1つ前の画面に戻ります。
もちろん、データの範囲は、データに応じて適宜指定します。

Google スプレッド 参考画像

リスト以外の値は入力させたくない場合は、
無効なデータの場合:入力拒否
を選択してください。

これで設定は完了しましたので、
保存」をクリック

Google スプレッド 参考画像

セルの右の▼をくりっくすると、

Google スプレッド 参考画像

リストが表示され、リストから選択できるようになります。

※リスト範囲の自動拡張
ExcelではOFFSET関数を使って実現しますが、スプレッドシートでは、この手は使えません。
一覧リストを使用して、「入力規則」の「リスト」を作成し、さらに、一覧リストへの追加・削除に自動対応させるものです。シート「リスト」の部署を使用して、シート「入力」に入力規則のリストを範囲可変で作成します。名前を定義します。
と言うより、そんな事をする必要がありません。
スプレッドシートのリスト範囲は、データが入っていなければ無視されます。
途中に空白セルがあっても、下の方が空白であっても、
ちゃんと詰まって表示されます。
従って、大きめに範囲を指定しておけば、それで済んでしまいます。
列全体を指定しても構いませんが、通常1行目は項目見出しになっているので、
2行目から実際のデータが入っている行より何行か余分に指定しておけば良いです。


E列の数量には、0~100の数値

E2~E11を選択し、
メニューの
データ→入力規則


Google スプレッド 参考画像

「リストを範囲で設定」をクリックします。

Google スプレッド 参考画像

「数字」を選択

Google スプレッド 参考画像
0 と 100 を入れます。
Google スプレッド 参考画像

他の項目は、適宜指定してください。
今回は、
無効なデータの場合:入力を拒否
にしてみましょう。
完了したら、
「保存」をクリック

試しに、
E2セルに、150と入力すると、

Google スプレッド 参考画像

このようにメッセージが表示され、設定範囲以外の数値は入力ができなくなります。


※IMEの設定

残念ながら、Excelの入力規則にあるような、
IME(半角入力や全角入力)のコントロールはありません。
ブラウザで動作するアプリなので、仕方ないと思いますし、
今後も実装されることは期待できないと思います。


Googleスプレッドシートは、WEBアプリで、複数人で共有できることが最大のメリットの一つです。
複数人で共有した場合、どうしても間違ったデータが入ってしまう危険が増えます。
これを防ぐためにも、入力規則をしっかりと設定しておくことが望ましいです。




同じテーマ「Googleスプレッドシート入門」の記事

書式を設定する
計算式を入れる
関数を使う(SUM)
関数を使う(VLOOKUP)
関数を使う(IF,IFERROR)
関数一覧(Excelとの差異)
条件付き書式
入力規則
シートを保護
シートをコピー
わからない時はヘルプを見よう


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成|VBA技術解説(5月18日)
テーブル操作のVBAコード(ListObject)|VBA入門(5月12日)
テーブル操作の概要(ListObject)|VBA入門(5月12日)
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium|VBA技術解説(5月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄


  • >
  • >
  • >
  • 入力規則

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ