Googleスプレッドシート入門
計算式を入れる

Google スプレッドシートの入門解説です
最終更新日:2016-09-22

計算式を入れる

Googleスプレッドシートに計算式をいれます、


スプレッドシートは表計算シートですから、計算式を入れるのは基本中の基本です。

Excelとほとんど同じ操作ですが、一応の説明をしておきます。


金額のF列に、
単価(D列)×数量(E列)
の計算式を入れてみましょう。

四則演算の演算子は、以下になります。
足し算:+
引き算:-
掛け算:*
割り算:/


IMEを直接入力にして、数式を入れるセルをクリックし、
=
と入力します。

Google スプレッドシート 参考画像

次に計算に使うセル(単価のセル)をクリック、

Google スプレッドシート 参考画像

続けて、
*
を入力してから、次のセル(数量のセル)をクリック

Google スプレッドシート 参考画像

Google スプレッドシート 参考画像


これで、F2セルに計算式が入りました。


同じ計算式を、F11セルまで、残り9個のセルにコピーします。


ドラッグ コピー

セルを選択した時に右下に表示されている、小さい■にカーソルを当てると、

Google スプレッドシート 参考画像

カーソルが十字になりますので、
この状態でクリックして、そのまま下にドラッグしてください。

Google スプレッドシート 参考画像

F11セルで、ドラッグを終えて下さい。
数式が、F11セルまでコピーされます。

Google スプレッドシート 参考画像


コピー & 貼り付け

メニューの編集で、コピー&貼り付けでもできます。

Google スプレッドシート 参考画像

ショートカットキーは、WindowsやExcelと同じです。
コピーは、Ctrl+C
貼り付けは、Ctrl+
V

F2セルを選択し、Ctrl+C
F3~F11セルを選択し、Ctrl+V



実際に、単価と数量を入れて、計算されていることを確認しましょう。

ここまでは、Excelと全くと言っていいほど同じです。
Excelに限らず、表計算ソフトであれば、ほぼ同じ操作になるのは当然です。



同じテーマ「Googleスプレッドシート入門」の記事

Googleスプレッドシートを使ってみよう
書式を設定する
計算式を入れる
関数を使う(SUM)
関数を使う(VLOOKUP)
関数を使う(IF,IFERROR)
関数一覧(Excelとの差異)
条件付き書式
入力規則
シートを保護
シートをコピー


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成|VBA技術解説(5月18日)
テーブル操作のVBAコード(ListObject)|VBA入門(5月12日)
テーブル操作の概要(ListObject)|VBA入門(5月12日)
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium|VBA技術解説(5月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄


  • >
  • >
  • >
  • 計算式を入れる

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ