VBA練習問題
VBA100本ノック 37本目:グラフの色設定

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2021-01-13

VBA100本ノック 37本目:グラフの色設定


グラフの系列の一部のみ設定を変更する問題です。


ツイッター連動企画です。
ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。

VBAテスト用のサンプルデータは、VBA100本ノックの目次ページ よりダウンロードできます。
マクロVBA情報を中心に、エクセル関数・基本操作までサンプルとともに解説。初心者向けの基本から上級者向けの高度な内容までVBAサンプルコードを掲載解説しています。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 37本目
棒グラフの最大値と最小値を目立たせたい。
最大値を緑、最小値を赤、データラベルも追加。
データはB2開始で増減に対応し、再実行を考慮してください。
※グラフは棒グラフ作成済です。既定色は随意。
※出来上がりは添付を参照
※シートは任意、グラフはシートに1つだけ

マクロ VBA 100本ノック

マクロ VBA 100本ノック


頂いた回答

解説

目的のグラフの特定要素にたどり着くには、かなり多くのオブジェクトを辿らなければなりません。
Worksheet
ChartObjects
Chart
SeriesCollection
Point
VBAでは、組み込みのオブジェクトを順に辿ることがしばしば要求されます。
マクロの記録、オブジェクトブラウザ、WEB検索を使って調べます。

Sub VBA100_37_01()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  
  Dim maxVal As Double, minVal As Double
  Dim valRng As Range, rng As Range
  Set valRng = ws.Range("B1").CurrentRegion
  Set valRng = Intersect(valRng, valRng.Offset(1, 1))
  maxVal = WorksheetFunction.Max(valRng)
  minVal = WorksheetFunction.Min(valRng)
  
  Dim i As Long
  With ws.ChartObjects(1).Chart.SeriesCollection(1)
    .Interior.Color = RGB(68, 114, 196)
    .ApplyDataLabels xlDataLabelsShowNone
    For i = 1 To valRng.Count
      Select Case valRng(i)
        Case maxVal
          .Points(i).Interior.Color = vbGreen
          .Points(i).ApplyDataLabels
        Case minVal
          .Points(i).Interior.Color = vbRed
          .Points(i).ApplyDataLabels
      End Select
    Next
  End With
End Sub


このVBAはグラフの元データのセル範囲からグラフの位置を特定しています。
しかしグラフの中には元データの値が入っているので、この数値を参照することもできます。
また、色も枠線と内側の塗りつぶしを別々に指定することもできます。
これらについては記事補足にて。


補足

先のVBAでは、グラフの元データ範囲をループさせましたが、グラフの系列の中をループさせつつ値を見ていくこともできます。
色の塗り方も、枠線と中を別々の色で設定することができます。
また、データラベルの表示非表示は先のVBAはメソッドですが、プロパティもあります。

Sub VBA100_37_02()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  
  Dim maxVal As Double, minVal As Double
  Dim valRng As Range, rng As Range
  Set valRng = ws.Range("B1").CurrentRegion
  Set valRng = Intersect(valRng, valRng.Offset(1, 1))
  maxVal = WorksheetFunction.Max(valRng)
  minVal = WorksheetFunction.Min(valRng)
  
  Dim i As Long, sr As Series
  Set sr = ws.ChartObjects(1).Chart.SeriesCollection(1)
  With ws.ChartObjects(1).Chart.SeriesCollection(1)
    .Format.Line.Visible = msoFalse
    .Interior.Color = RGB(68, 114, 196)
    .ApplyDataLabels xlDataLabelsShowNone
    .HasDataLabels = False
    For i = 1 To .Points.Count
      Select Case sr.Values(i)
        Case maxVal
          .Points(i).Format.Line.Visible = msoTrue
          .Points(i).Format.Line.ForeColor.RGB = vbBlack
          .Points(i).Format.Fill.ForeColor.RGB = vbGreen
          .HasDataLabels = True
        Case minVal
          .Points(i).Format.Line.Visible = msoTrue
          .Points(i).Format.Line.ForeColor.RGB = vbBlack
          .Points(i).Format.Fill.ForeColor.RGB = vbRed
          .HasDataLabels = True
      End Select
    Next
  End With
End Sub

マクロ VBA サンプル画像


上記では、最大値・最小値をセル範囲から取得していますが、
SeriesCollection(1).Values
ここに値が配列で入っているので、最大値・最小値をここから取得すればVBAが簡潔になります。
この点を変更して、最初のVBAを変更してみます。

Sub VBA100_37_03()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  
  Dim maxVal As Double, minVal As Double
  Dim i As Long, sr As Series
  Set sr = ws.ChartObjects(1).Chart.SeriesCollection(1)
  With ws.ChartObjects(1).Chart.SeriesCollection(1)
    maxVal = WorksheetFunction.Max(sr.Values)
    minVal = WorksheetFunction.Min(sr.Values)
    .Interior.Color = RGB(68, 114, 196)
    .ApplyDataLabels xlDataLabelsShowNone
    For i = 1 To .Points.Count
      Select Case sr.Values(i)
        Case maxVal
          .Points(i).Interior.Color = vbGreen
          .Points(i).ApplyDataLabels
        Case minVal
          .Points(i).Interior.Color = vbRed
          .Points(i).ApplyDataLabels
      End Select
    Next
  End With
End Sub

このVBAはセル範囲を使っていないので、元データの範囲に非表示行があったり、複雑な選択をしていても問題なく対応できます。


SeriesCollectionFullSeriesCollectionの違いについて
マクロの記録ではFullSeriesCollectionで記録されたと思います。
> FullSeriesCollectionオブジェクトを使用すると、フィルターで除外された Series オブジェクトを取得したり、再び除外したりすることができます。
以下の公式ドキュメントに書かれています。
これを読んでも良く分からないと思いますが、通常はどちらを使っても同じです。

マクロ VBA 100本ノック

ここで、系列のチェックを外したときに消した系列を、
含めるのがFullSeriesCollection
含めないのがSeriesCollection
この違いになります。


サイト内関連ページ

第96回.グラフ(Chart)|VBA入門
VBAでグラフを扱う時の解説になりますが、グラフの全ては解説しきれませんし、VBAでグラフを全て作成しようとするのはかなり大変です。雛形のグラフを作成しておき、VBAでは必要な部分のみ変更するようにした方が良いでしょう。VBAでグラフを扱うには、数多くのオブジェクトを理解する必要があります。
円グラフの色設定(Chart,SeriesCollection)
円グラフの色を、元の表から設定します。以下は、ウイザードでグラフを作成した状態です。A列に指定した、塗りつぶし色を、グラフに反映させます。たった、これだけです。手作業よりは、はるかに簡単ですし、応用範囲が広いと思います。
棒グラフ・折れ線グラフのサンプルマクロ
グラフはプロパティ・メソッドも多いので、自分の覚書もかねて掲載しました。この元データから、以下のグラフが作成されます。解説は、プログラム内のコメントを参考にして下さい。系列データのデータ数が増えた時に、データ範囲を変更するマクロも掲載しておきます。
人口ピラミッドのグラフをマクロで作成
人口ピラミッドのグラフ作成は、設定項目が多く、かなり面倒です。マクロでサクッと作って、細かい部分を手動で設定できれば楽です。この表から、以下のグラフを作成します。手動で設定すると、かなり多くの手順が必要になります。
グラフで特定の横軸の色を変更し基準線を引くマクロ
特定の横軸のみ色を変更する、つまり、基準値や下限・上限等に線を引きたい場合のVBAになります。手動でやろえとすると結構面倒なので、いざやろうとするとなかなか出来なかったりします。グラフの元データに線を引きたい数値の系列をシートに追加しておくと、もう少し楽にできますが、ここでは、シートには手を加えずに基準線を引いています。
グラフのデータ範囲を自動拡張するマクロ
グラフのデータ範囲を自動で拡張・縮小するマクロVBAになります、グラフのデータ範囲を変更する事は度々ありますが、作業自体は大した事はないのですが、やはり面倒ですし、グラフの数が多いと、結構な手間になります。注意 以下は、棒グラフ・折れ線グラフの場合になります。




同じテーマ「VBA100本ノック」の記事

34本目:配列の左右回転
35本目:条件付き書式
36本目:列の並べ替え
37本目:グラフの色設定
38本目:1シートを複数シートに振り分け
39本目:数値リストの統合(マージ)
40本目:複数ブックの統合
41本目:暗算練習アプリ
42本目:データベース形式に変換
43本目:CSV出力
44本目:全テーブル一覧作成


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBA100本ノック 68本目:全テキストボックスの転記|VBA練習問題(1月16日)
VBA100本ノック 67本目:ComboBoxとListBox|VBA練習問題(1月15日)
VBA100本ノック 66本目:全サブフォルダからファイルを探す|VBA練習問題(1月13日)
VBA100本ノック 65本目:固定長テキスト出力|VBA練習問題(1月12日)
VBA100本ノック 64本目:リンクされた図(カメラ機能)|VBA練習問題(1月11日)
VBA100本ノック 63本目:複数シートの連結|VBA練習問題(1月9日)
VBA100本ノック 62本目:独自のZLOOKUP関数を作成|VBA練習問題(1月8日)
VBA100本ノック 61本目:「ふりがな」の取得と設定|VBA練習問題(1月6日)
VBA100本ノック 60本目:「株式会社」の表記ゆれ置換|VBA練習問題(1月5日)
VBA100本ノック 59本目:12ヶ月分のシートを四半期で分割|VBA練習問題(1月4日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.繰り返し処理(Do Loop)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ