VBA練習問題
VBA100本ノック 71本目:パワーポイントへグラフを貼り付け

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2021-02-22

VBA100本ノック 71本目:パワーポイントへグラフを貼り付け


パワーポイントに既にある図をシートのグラフに差し替える問題です。


ツイッター連動企画です。
ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。

VBAテスト用のサンプルデータは、VBA100本ノックの目次ページ からもダウンロードできます。
マクロVBAを初心者向けの基本から上級者向けの高度な内容までサンプルコードを掲載し解説しています。エクセル関数・機能・基本操作の入門解説からマクロVBAまでエクセル全般を網羅しています。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 71本目
アクティブシートには「グラフ1」があります。
ブックと同一フォルダにプレゼン1.pptxがあり、1スライド目に「図1」のオブジェクトがあります。
「図1」を「グラフ1」に差し替えてください。
縦横比維持して元の「図1」の大きさの範囲に収めてください。

マクロ VBA 100本ノック

マクロ VBA 100本ノック


サンプルファイルです。
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_71.xlsm
https://excel-ubara.com/vba100sample/prezen1.pptx
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_71.zip


VBA作成タイム

この下に頂いた回答へのリンクと解説を掲載しています。
途中まででも良いので、できるだけ自分でVBAを書いてみましょう。


他の人の回答および解説を見て、書いたVBAを見直してみましょう。


頂いた回答

解説

回答でマクロ記録が使えればという意見がありましたが、普通に使えたのは2003までで、2007までかろうじて使えていました。
そういう時は、参照設定してインテリセンスを使ったり、ローカルウィンドウ、ウォッチウィンドを使って調べてください。
てっとり早いのはWEB検索だとは思いますが。

Sub VBA100_71_01()
  Dim ws As Worksheet: Set ws = ActiveSheet
  
  'オブジェクトを明示して説明するために参照設定しています。
  Dim ppApp As New PowerPoint.Application
  'Excelに同じオブジェクト名が無いのでPowerPoint.を省略できる
  Dim ppPt As Presentation
  Dim ppSlide As Slide
  'ShapeはExcelと同じオブジェクト名になってしまうのでPowerPoint.が必要
  Dim ppShape1 As PowerPoint.Shape
  
  'パワポ側のオブジェクト設定
  Set ppPt = ppApp.Presentations.Open(ThisWorkbook.Path & "\prezen1.pptx")
  Set ppSlide = ppPt.Slides(1)
  Set ppShape1 = ppSlide.Shapes("図1")
  
  '図としてコピー
  ws.ChartObjects(1).Chart.CopyPicture Appearance:=xlScreen, Format:=xlPicture
  
  With ppSlide.Shapes.Paste
    '縦横比固定
    .LockAspectRatio = msoTrue
    'グラフが小さい場合に元図形まで大きくするなら
    .Width = ppShape1.Width
    .Height = ppShape1.Height
    'サイズを元図形の範囲内に収める
    If .Width > ppShape1.Width Then .Width = ppShape1.Width
    If .Height > ppShape1.Height Then .Height = ppShape1.Height
    '元図形の中央に配置
    .Top = ppShape1.Top + ((ppShape1.Height - .Height) / 2)
    .Left = ppShape1.Left + ((ppShape1.Width - .Width) / 2)
  End With
  
  '元図形の削除
  ppShape1.Delete
  'パワポの保存
  ppPt.Save
  'パワポの終了
  ppApp.Quit
  '念の為
  Set ppApp = Nothing
End Sub


今回はVBAにコメントを記載しました。
パワポでもShapeの扱いはエクセルとほとんど同じです。
Shape.Copyで貼りつけてしまうとリンクされてしまうので、図としてコピー貼り付けしています。
補足はありません。VBAとコメントを確認してください。


補足

補足はありません。


サイト内関連ページ

Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け
・Excelの表をPowerPointへ図として貼り付けるVBA ・Excelの表をPowerPointへ図として貼り付けるVBAの解説 ・グラフをPowerPointへ貼り付け ・既にパワーポイントを開いている場合
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける
・表やグラフをPowerPointへ貼り付けるVBA ・PowerPointを使う準備と保存終了 ・表(セル範囲)をPowerPointへ貼り付けるVBAの解説 ・グラフをPowerPointへ貼り付けるVBAの解説 ・貼り付け時のエラー対応 ・既にパワーポイントを開いている場合




同じテーマ「VBA100本ノック」の記事

68本目:全テキストボックスの転記
69本目:ダブルクリックでセル結合を解除
70本目:ステータスバーに1秒ごとに時刻が表示
71本目:パワーポイントへグラフを貼り付け
72本目:ITをDXに変換(文字列操作)
73本目:新規ブックにボタン作成しマクロ登録
74本目:1シート複数表をDB形式に変換
75本目:ログインフォームの作成
76本目:ボタンの表示名の位置へ移動
77本目:シート挿入イベント
78本目:グラフのデータ範囲拡張


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

TOROW関数(配列を横1行の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
TOCOL関数(配列を縦1列の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
CHOOSECOLS関数(配列から複数の指定された列を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
CHOOSEROWS関数(配列から複数の指定された行を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
WorksheetFunctionの効率的な使い方とスピル新関数の利用|VBA入門(2022-10-27)
VSTACK関数(配列を縦方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
HSTACK関数(配列を横方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(配列操作関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(ヘルパー関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題集|エクセル入門(2022-10-24)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
9.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ