エクセル入門
OFFSET関数(行数と列数シフトした位置のセル範囲)

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2018-02-06

数式.OFFSET関数(行数と列数シフトした位置のセル範囲)


エクセル入門 > 数式 > OFFSET関数(行数と列数シフトした位置のセル範囲)


基準のセルまたはセル範囲から指定された行数と列数だけシフトした位置にある、指定の高さと幅のセル範囲の参照 を返します。


つまり、

基準セルから、指定数だけ移動したセルを起点として、指定の大きさのセル範囲を取得出来ます。



書式

OFFSET(基準, 行数, 列数, [高さ], [幅])

基準
基準となるセル範囲の参照を指定します。
行数
基準のセルを縦方向にずらす数です。
基準の左上隅のセルを上方向または下方向へシフトする距離を行数単位で指定します。
行数に正の数を指定すると下方向へシフトし、負の数を指定すると上方向へシフトします。
列数
基準のセルを横方向にずらす数です。
基準の左上隅のセルを左方向または右方向へシフトする距離を列数単位で指定します。
列数に正の数を指定すると右方向へシフトし、負の数を指定すると左方向へシフトします。
高さ
基準のセルをずらした先の取得したい行数です。
オフセット参照の行数を指定します。
高さは正の数である必要があります。
省略すると、基準のセル範囲と同じ行数であると見なされます。
基準のセルをずらした先の取得したい行数です。
オフセット参照の列数を指定します。
幅は正の数である必要があります。
省略すると、基準のセル範囲と同じ列数であると見なされます。



もっとわかり易い説明をすると

OFFSET(基準セル, 縦にずらす数, 横にずらす数, 取得したい行数, 取得したい列数)

OFFSET(B3,4,2,5,3)


これは、

B3セルから下に4右に2移動した先(D7セル)から、高さ53のセル範囲

OFFSET サンプル画像



使用例

A B C
1 101 111 121
2 102 112 122
3 103 113 123
4 104 114 124
5 105 115 125
6 106 116 126
7 107 117 127
8 108 118 128
9 109 119 129
10 110 120 130

上記の表において、

=OFFSET(A1,3,1,1,1)
とすると、

B4セルとなりますので、114になります。

つまり、

A1セルから3行下1列右のセルでB4セル

そこから、高さ1幅1なのでB4のセル1つです。

=OFFSET(A1,3,1,2,2)
とすると、

B4〜C5セル範囲となります。

が、しかし、

セル範囲を1つのセルに表示できませんので、

#VALUE!

となってしまいます。


多くの場合、

OFFSET関数は、通常は他の関数・機能と組み合わせて使用します。

=SUM(OFFSET(A1,3,1,2,2))
とすることで、

B4〜C5合計

478を求める事が出来ます。


高さ幅を省略した場合は、基準セル範囲と同じ大きさになります。
つまり、セル範囲をずらすだけになります。

=SUM(OFFSET(A1:A10,0,2))
これは、

=SUM(C1:C10)

と同じことになります。


応用としては、

行数, 列数, 高さ, 幅

これらを他のセル参照や関数にする事で、可変のセル範囲にする事が出来ます。

下の応用例を参考にしてください。



応用例

徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)
検索されるキーワードで最も多いのが、MATCH関数 INDEX関数セル範囲から、指定された行と列が交差する位置にあるセルの参照を返します。書式INDEX(範囲,行番号[,列番号])範囲セル範囲を指定します。Excel関数の解説、関数サンプルと高等テクニック

セルの参照範囲を可変にする(OFFSET、COUNTA、MATCH)
数式の参照範囲を可変対応させます、つまり、入力データにより自動で拡張・縮小されるように関数を設定します。エクセルの表には、集計等の計算式を入れますが、その集計範囲は固定になっているため、データの追加時には注意が必要になります。Excel関数の解説、関数サンプルと高等テクニック

入力規則のリストを、2段階の絞り込みで作成1
一覧リストを使用して、「入力規則」の「リスト」を作成し、「リスト」の選択結果により、となりの「リスト」の内容を自動で変化させます、さらに、一覧リストへの追加・削除に自動対応させるものです。入力規則のリストを、追加・削除に自動対応で作成一覧リストを使用して、「入力規則」,Excel関数の解説

入力規則のリストを、2段階の絞り込みで作成2
一覧リストを使用して、「入力規則」の「リスト」を作成し、「リスト」の選択結果により、となりの「リスト」の内容を自動で変化させます、「入力規則のリストを、2段階の絞り込みで作成1」こちらのリストの縦横を入れ替えたパターンになります。入力規則のリストを、追加・削除に自動対,Excel関数の解説

ピポットテーブルの参照範囲を、追加・削除に自動対応で作成
ピボットテーブルの参照範囲を可変に設定し、データの追加・削除に自動で対応させます。以下の表で説明します。Excel関数の解説、関数サンプルと高等テクニック

グラフのデータ範囲を可変にする


ワークシート関数一覧





同じテーマ「エクセル入門」の記事

DATEDIF関数(年齢・勤続年数)
MATCH関数(範囲から値を検索し一致する位置)
INDEX関数(範囲から指定されたセル)
OFFSET関数(行数と列数シフトした位置のセル範囲)
INDIRECT関数(参照文字列で間接的にセルを指定)
EDATE関数(月数だけ前後の日付)
EOMONTH関数(月数だけ前後の月の最終日)
WEEKDAY関数(曜日に変換)
WEEKNUM関数(その年の何週目)
COUNTBLANK(空白セルの個数)
AVERAGE関数(引数の平均値)

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成|VBA技術解説(5月18日)
テーブル操作のVBAコード(ListObject)|VBA入門(5月12日)
テーブル操作の概要(ListObject)|VBA入門(5月12日)
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium|VBA技術解説(5月6日)
Excelワークシート関数一覧(2010以降)|VBAリファレンス(4月22日)
クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)|VBA技術解説(4月6日)
VBAでのタイマー処理(SetTimer,OnTime)|VBA技術解説(4月3日)
クラスとイベントとマルチプロセス並列処理|VBA技術解説(4月2日)
エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • OFFSET関数(行数と列数シフトした位置のセル範囲)

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ