VBA練習問題
VBA100本ノック 12本目:セル結合を解除

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2021-02-22

VBA100本ノック 12本目:セル結合を解除


セル結合されているセルの結合を解除して、入っていた数値を均等に割り振る問題です。


ツイッター連動企画です。
ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。

VBAテスト用のサンプルデータは、VBA100本ノックの目次ページ からもダウンロードできます。
マクロVBAを初心者向けの基本から上級者向けの高度な内容までサンプルコードを掲載し解説しています。エクセル関数・機能・基本操作の入門解説からマクロVBAまでエクセル全般を網羅しています。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 12本目
A1から始まる表範囲のC列に金額が入っています。
しかし、ところどころに結合されたセルがあります。
セル結合を解除し、入っている金額を整数で均等に割り振ってください。(2枚目画像)
端数処理方法は任意とします。
※結合セルには正の整数しか入っていません。

VBA マクロ 100本ノック
VBA マクロ 100本ノック


サンプルファイルです。
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_12.xlsm
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_12.zip


VBA作成タイム

この下に頂いた回答へのリンクと解説を掲載しています。
途中まででも良いので、できるだけ自分でVBAを書いてみましょう。


他の人の回答および解説を見て、書いたVBAを見直してみましょう。


頂いた回答

解説

セル結合の判定は、
MergeArea.Count > 1
これでも判定できます。
結合範囲のセル数が > 1 なら結合されていることになります。
セル結合を解除するには、
Range.MergeCells = False
Range.UnMerge
上はプロパティ、下はメソッドです。
シートやValue等、省略できるものは全て省略しました。

Sub VBA100_12_01()
  Dim rng As Range
  Dim i As Long, v As Long, m As Long
  For i = 2 To Cells(Rows.Count, 3).End(xlUp).Row
    Set rng = Cells(i, 3).MergeArea
    If rng.Count > 1 Then
      rng.UnMerge
      v = rng(1)
      rng = Int(rng(1) / rng.Count)
      m = v - (rng(1) * rng.Count)
      rng.Resize(m) = rng(1) + 1
    End If
  Next
End Sub


割り振りはいろいろな方法があります。
四捨五入すると面倒なので、切り捨ててから差分を割り振る方がマイナスにならなくて簡単だと思います。
上では、差分数のResizeした範囲に+1しています。
今回は特に補足もないので省略せずに書き直したVBAだけ掲載しました。


訂正です。
m=0、つまり割り切れてあまりが無い場合の判定が漏れていました。


Sub VBA100_12_01()
  Dim rng As Range
  Dim i As Long, v As Long, m As Long
  For i = 2 To Cells(Rows.Count, 3).End(xlUp).Row
    Set rng = Cells(i, 3).MergeArea
    If rng.Count > 1 Then
      rng.UnMerge
      v = rng(1)
      rng = Int(rng(1) / rng.Count)
      m = v - (rng(1) * rng.Count)
      If m <> 0 Then rng.Resize(m) = rng(1) + 1
    End If
  Next
End Sub


補足

Sub VBA100_12_02()
  Dim target As Range
  Set target = ActiveSheet.Range("A1").CurrentRegion
  Set target = Intersect(target, target.Offset(1, 2))
  
  Dim rng As Range
  Dim i As Long, v As Long, m As Long
  For Each rng In target
    If rng.MergeCells Then
      Set rng = rng.MergeArea
      rng.UnMerge
      v = rng.Item(1)
      rng.Value = Int(rng.Item(1) / rng.Count)
      m = v - (rng.Item(1) * rng.Count)
      If m <> 0 Then rng.Resize(m) = rng.Item(1) + 1
    End If
  Next
End Sub

最初のVBAとやっていることは同じです。
ForをFor Eachに変更して、あとはプロパティ等を省略せずに少し丁寧に書き直しただけの違いです。


サイト内関連ページ

第85回.結合セルの扱い|VBA入門
・セル結合に関する、メソッド・プロパティ ・セル結合のマクロVBA使用例 ・セル結合時の値消去 ・指定セル範囲に結合セルが存在するか判定するマクロVBA ・セル結合時のOffsetとResizeの注意点




同じテーマ「VBA100本ノック」の記事

9本目:フィルターコピー
10本目:行の削除
11本目:セル結合の警告
12本目:セル結合を解除
13本目:文字列の部分フォント
14本目:社外秘シート削除
15本目:シートの並べ替え
16本目:無駄な改行を削除
17本目:重複削除(ユニーク化)
18本目:名前定義の削除
19本目:図形のコピー


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ