VBA練習問題
VBA100本ノック 13本目:文字列の部分フォント

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2021-02-22

VBA100本ノック 13本目:文字列の部分フォント


セルに入っている文字列の一部のフォントを変更する問題です。


ツイッター連動企画です。
ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。

VBAテスト用のサンプルデータは、VBA100本ノックの目次ページ からもダウンロードできます。
マクロVBAを初心者向けの基本から上級者向けの高度な内容までサンプルコードを掲載し解説しています。エクセル関数・機能・基本操作の入門解説からマクロVBAまでエクセル全般を網羅しています。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 13本目
選択セル(Selection:複数範囲あり)の文字列に「注意」という文字があった場合は、その「注意」の文字だけを"赤の太字"に設定してください。
セル以外(図形等)が選択されている場合は何もせずに正常終了するようにしてください。

VBA マクロ 100本ノック


サンプルファイルです。
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_13.xlsm
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_13.zip


VBA作成タイム

この下に頂いた回答へのリンクと解説を掲載しています。
途中まででも良いので、できるだけ自分でVBAを書いてみましょう。


他の人の回答および解説を見て、書いたVBAを見直してみましょう。


頂いた回答

解説

Selectionは必ずしもセルとは限らず図形等の場合もあるのでTypeNameでセル選択か確認しています。
また、計算式の場合は一部のFont変更はできないのでHasFormulaで外しています。
範囲が大きいと処理時間がかかるので1列全体を上限にしました。
文字列内の一部のFont設定はCharactersで設定します。

Sub VBA100_13_01()
  If TypeName(Selection) <> "Range" Then
    Exit Sub
  End If
  If Selection.CountLarge > Rows.Count Then
    MsgBox "選択範囲が大きすぎます。"
    Exit Sub
  End If
  
  Const cns注意 = "注意"
  Dim rng As Range
  Dim ix As Long
  
  For Each rng In Selection
    If Not rng.HasFormula Then
      ix = 1
      Do
        ix = InStr(ix, rng.Value, cns注意)
        If ix = 0 Then Exit Do
        With rng.Characters(ix, Len(cns注意))
          .Font.Bold = True
          .Font.Color = vbRed
        End With
        ix = ix + Len(cns注意)
      Loop
    End If
  Next
End Sub


先のVBAではInstrの開始位置をずらしながら"注意"を探しましたが、1文字ずつ確認していく方法もあります。
よほど大量に処理するのでなければどちらでも良いと思います。
ですが、いずれにしても選択範囲が大きい場合(全セル選択)にこれでは対応できません。

  Const cns注意 = "注意"
  Dim rng As Range
  Dim i As Long
  
  For Each rng In Selection
    If Not rng.HasFormula Then
      For i = 1 To Len(rng.Value) - Len(cns注意) + 1
        If Mid(rng.Value, i, Len(cns注意)) = cns注意 Then
          With rng.Characters(i, Len(cns注意))
            .Font.Bold = True
            .Font.Color = vbRed
          End With
        End If
      Next
    End If
  Next


解決方法としてSpecialCellsを使う方法が回答されています。
https://twitter.com/ExcelQBag/status/1322447866233675780
https://twitter.com/furyutei/status/1322492458496782336
このVBAサンプルは記事補足に載せておきました。


補足

複数列全体や全セル選択時に、For EachでSelectionを処理したのでは、膨大な時間がかかってしまいます。
処理対象は文字列が入っているセルだけです。
そこで、
SpecialCells(xlCellTypeConstants, xlTextValues)
これで、文字列の入っているセルだけに絞っています。
1セルしか選択していない場合は、SpecialCellsは全セル対象になってしまうので、Intersectで本来の選択範囲にしています。

また参考として、正規表現を使って文字列を検索する方法を紹介しておきます。

Sub VBA100_13_03()
  Dim target As Range
  On Error Resume Next
  Set target = Intersect(Selection, Selection.SpecialCells(xlCellTypeConstants, xlTextValues))
  If target Is Nothing Then Exit Sub
  
  Const cns注意 = "注意"
  
  Dim reg As Object
  Set reg = CreateObject("VBScript.RegExp")
  
  Dim rng As Range
  For Each rng In target
    Call CharactersFont(rng, cns注意, reg)
  Next
  
  Set reg = Nothing
End Sub

Sub CharactersFont(rng As Range, argStr As String, reg As Object)
  Dim mc As Object
  Dim m As Object
  
  With reg
    .Pattern = argStr
    .Global = True
    Set mc = .Execute(rng.Value)
  End With
  
  For Each m In mc
    With rng.Characters(m.FirstIndex + 1, m.Length)
      .Font.Bold = True
      .Font.Color = vbRed
    End With
  Next
End Sub


サイト内関連ページ

第16回.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
・For Next ステートメント ・For Next 例文 ・For Next をステップ イン実行で目で見て確認しましょう。 ・1行置きに処理する場合 ・Exit For ・For~Nextのネスト(入れ子) ・最後に一言
第17回.繰り返し処理(Do Loop)|VBA入門
・Do~Loopの構文 ・条件式 ・Do Loop 例文 ・Exit Do ・Do~Loopのネスト(入れ子) ・最後に一言
第47回.VBA関数(文字列操作,Replace,InStr,StrConv)|VBA入門
・文字列操作に関するVBA関数の一覧 ・Replace関数 ・InStr関数 ・StrConv関数 ・最後に
第135回.ジャンプの選択オプション(SpecialCells)|VBA入門
・ジャンプの選択オプションとは ・RangeオブジェクトのSpecialCellsメソッド ・SpecialCellsの使用例
VBAで正規表現を利用する(RegExp)|VBA技術解説
・メタ文字 ・正規表現 ・正規表現RegExpの使い方 ・RegExpオブジェクト ・RegExpの使用例 ・RegExp関連のオブジェクト ・Execute(Matches,Match,SubMatches)の使用例 ・Replaceの使用例 ・先読み:肯定先読み、否定先読み ・正規表現の実践例




同じテーマ「VBA100本ノック」の記事

10本目:行の削除
11本目:セル結合の警告
12本目:セル結合を解除
13本目:文字列の部分フォント
14本目:社外秘シート削除
15本目:シートの並べ替え
16本目:無駄な改行を削除
17本目:重複削除(ユニーク化)
18本目:名前定義の削除
19本目:図形のコピー
20本目:ブックのバックアップ


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

TOROW関数(配列を横1行の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
TOCOL関数(配列を縦1列の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
CHOOSECOLS関数(配列から複数の指定された列を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
CHOOSEROWS関数(配列から複数の指定された行を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
WorksheetFunctionの効率的な使い方とスピル新関数の利用|VBA入門(2022-10-27)
VSTACK関数(配列を縦方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
HSTACK関数(配列を横方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(配列操作関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(ヘルパー関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題集|エクセル入門(2022-10-24)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
9.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ