VBA関数
CVErr関数

Excelマクロで必須のVBA関数を入門・初級・初心者向けに詳細解説
公開日:2013年5月以前 最終更新日:2021-10-13

CVErr関数


CVErr関数は、指定した数値(エラー番号)を、バリアント型のエラー値に変換した値を返す変換関数です。


CVErr関数

CVErr(errornumber)

errornumber
任意の数値 (エラー番号) を指定します。
この引数は必ず指定します。

CVErr 関数を使用して、作成したプロシージャ内でユーザー定義のエラーを作成できます。
CVErr 関数を使用することにより、どのような動作が行われたのかを知らせるエラー番号を返すことができます。

エラー番号のデータ型を暗黙的に変換することはできません。
たとえば、CVErr 関数の戻り値をバリアント型以外の変数に直接代入することはできません。

CVErr関数の使用例

ヘルプのサンプルです。

' エラーが発生する値 (ここでは、文字列) を引数として指定し、Function プロシージャ CalculateDouble を呼び出します。
Sub Test()
  Debug.Print CalculateDouble("345.45robert")
End Sub

' Function プロシージャ CalculateDouble を定義します。
Function CalculateDouble(Number)
  If IsNumeric(Number) Then    ' 受け取った値が数値であれば、
    CalculateDouble = Number * 2  ' 結果を返します。
  Else              ' 数値以外のときは、
    CalculateDouble = CVErr(2001)  ' ユーザー定義のエラー値を返します。
  End If
End Function

CVErr関数を使用して作成するFunctionプロシージャは、戻り型がVariantで指定する事になります。
Variantを使う事自体は問題ありませんが、受け取った呼出し側で正常処理とエラー処理を分けざるを得なくなります。

結局受け取った側でエラー判定が必要になるなら、CalculateDoubleを呼ぶ前に数値チェックを行うことと変わりがありません。
したがって、この例は実用的なVBAとは言えません。
あくまで、CVErr関数の動作確認のVBAとお考え下さい。

実行時エラー関連記事

第60回.エラー処理(On Error)
マクロVBAを実行していると、エラーメッセージが表示されマクロ実行が停止してしまう事があります。マクロがエラー停止しては自動化の目的が達成されませんので、エラー停止しないようにしなければなりません。エラーが出ないようにVBAを記述出来ればそれに越したことはありませんが、一切エラーを出さないようにVBAを書くことはか…
第61回.「On Error GoTo」と「Exit Sub」
「OnErrorGoTo行ラベル」このステートメントは、実行時エラーが発生した時に制御を指定の行ラベルに移動させるものです。マクロVBAは、エラーが発生するとその時点で停止してしまいます。VBAが実行不能となった場合には、エラー発生したVBAコードで停止します。
第62回.「On Error Resume Next」とErrオブジェクト
「OnErrorResumeNext」このステートメントは、実行時エラーが発生してもマクロVBAを中断せずに、エラーが発生したステートメントの次のステートメントから実行を継続します。マクロVBAは、エラーが発生するとその時点で停止してしまいます。
第134回.Errオブジェクトとユーザー定義エラー
VBA実行時には種々のエラーが発生します。実行時エラーに関する情報は、Errオブジェクトに入っていますので、VBA実行でエラー発生した場合は、Errオブジェクトを参照しエラー内容を調べることになります。Errオブジェクトの使い方と、ユーザー定義エラーの生成方法について解説します。
実行時にトラップ可能なエラー番号一覧と対処
マクロVBA実行時に発生するエラーのエラー番号とエラーメッセージおよび簡単な理由と対策の一覧です。以下の表にあるエラーはトラップ(捕捉)できるエラー一覧になります。OnErrorステートメントおよびErrオブジェクトのNumberロパティを使用して、エラーへの対処を行うことができます。
よくあるVBA実行時エラーの解説と対応
VBAを書き終えて、いざ実行したら意味不明なメッセージが… ここでは初心者向けに、代表的な実行時エラーの解説とその対応について説明します。中級者以上の方は、実行時にトラップ可能なエラー番号一覧と対処 こちらを参考に、エラー対応(OnError等)を実装してください。

データ型変換関数一覧

関数名 戻り値の種類 引数の範囲
CBool関数 Boolean 任意の有効な文字列式または数式を指定します。
CByte関数 Byte 0 から 255。
CCur関数 Currency -922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.5807。
CDate関数 Date 任意の有効な日付式。
CDbl関数 Double 負の値の場合は -1.79769313486231E308 ~ -4.94065645841247E-324
正の値の場合は4.94065645841247E-324 ~ 1.79769313486232E308。
CDec関数 Decimal ゼロスケールの値 (小数部分がない値) の場合は 79,228,162,514,264,337,593,543,950,335 です。
小数点以下が 28 桁の値の場合は 7.9228162514264337593543950335 です。
0 以外で可能な最小値は 0.0000000000000000000000000001 です。
CInt関数 Integer -32,768 から 32,767。
小数点以下は丸められます。
CLng関数 Long -2,147,483,648 から 2,147,483,647。
小数点以下は丸められます。
CLngLng関数 LongLong -9,223,372,036,854,775,808 から 9,223,372,036,854,775,807。
小数点以下は丸められます (64 ビット プラットフォームのみで有効)。
CLngPtr関数 LongPtr 32 ビットのシステムでは -2,147,483,648 ~ 2,147,483,647
64 ビットのシステムでは -9,223,372,036,854,775,808 ~ 9,223,372,036,854,775,807。
32 ビットと 64 ビットのどちらのシステムでも、小数部分は丸められます。
CSng関数 Single 負の値の場合は -3.402823E38 ~ -1.401298E-45
正の値の場合は 1.401298E-45 ~ 3.402823E38。
CStr関数 String CStr の戻り値は、引数に依存します。
CVar関数 Variant 数値の場合はDoubleと同じ範囲です。
数値以外の場合はStringと同じ範囲です。


Office VBA リファレンス データ型変換関数


※VBA関数一覧
マクロVBA関数の一覧と解説です、どんな関数があるかは一度は確認しておくとをお勧めいたします。どんな関数があるだけでも知っておけば、詳細の使い方は実際に使うときに調べても良いでしょう。文字列操作…34 分岐…3 型変換…14 データ判定…10 日付時刻…20 配列…6 ファイル操作…14 数学/財務…28 その他……



同じテーマ「VBA関数」の記事

CSng関数

CSng関数は、引数をSingle型(単精度浮動小数点数型)に変換します。CSng関数 CSng(expression) expression には任意の文字列式または数式を指定します。この引数は必ず指定します。
CStr関数
CStr関数は、引数をString型(文字列型)に変換します。CStr関数 CStr(expression) expression 任意の文字列式または数式を指定します。この引数は必ず指定します。Str関数は、正の数値の場合は先頭に半角空白が入りますが、CStr関数は、この半角空白が入りません。
CVar関数
CVar関数は、引数をVariant型(バリアント型)に変換します。CVar関数 CVar(expression) expression 任意の文字列式または数式を指定します。この引数は必ず指定します。
CVErr関数
IsArray関数
IsArray関数は、変数が配列であるかどうかを調べ、結果をブール型(True,False)で返します。IsArray関数 IsArray(varname) varname 必ず指定します。引数varnameには、変数の識別子を指定します。
IsDate関数
IsDate関数は、式を日付に変換できるかどうかを調べ、結果をブール型(True,False)で返します。IsDate関数は、値が日付変換可能かどうかを判定する関数です。IsDate関数 IsDate(expression) expression 必ず指定します。
IsEmpty関数
IsEmpty関数は、変数がEmpty値かどうかを調べ、結果をブール型(True,False)で返します。IsEmpty関数 IsEmpty(expression) expression 必ず指定します。数式または文字列式を含むバリアント型(Variant)の式を指定します。
IsError関数
引数の式がエラー値かどうかを示すブール型(Boolean)の値を返します。IsError関数は、引数の式がエラーを示す場合にTrueを返します。それ以外の場合は、Falseを返します。IsError関数は、数式がエラーを表しているかどうかを判断するために使用されます。
IsMissing関数
プロシージャを呼び出すときに省略可能なバリアント型(Variant)の引数がプロシージャに渡されたかどうかを調べるために使用します。IsMissing関数 IsMissing(argname) argname 引数argnameは必ず指定します。
IsNull関数
引数の式に無効なデータ(Null)が含まれていないかどうかを示すブール型(Boolean)の値を返します。引数の式がNullの場合、IsNull関数はTrueを返します。それ以外の場合、IsNull関数はFalseを返します。
IsNumeric関数
IsNumeric関数は、式が数値として評価できるかどうかを調べ、結果をブール型(True,False)で返します。IsNumeric関数は値が数値変換可能かどうかを判定する関数です。IsNumeric関数 IsNumeric(expression) expression 必ず指定します。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ