VBA練習問題
VBA100本ノック 62本目:独自のZLOOKUP関数を作成

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2021-01-13

VBA100本ノック 62本目:独自のZLOOKUP関数を作成


VLOOKUP関数の機能を変更した独自のZLOOKUP関数を作成する問題です。


ツイッター連動企画です。
ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。

VBAテスト用のサンプルデータはご自身でご用意ください。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 62本目
VLOOKUPは条件合致の先頭が取得されます。
この取得順番を指定できる関数を作成します。
ZLOOKUP(検索値,範囲,列番号,順番)
順番→0:先頭,-1:最後,>=1:その順番
※当該順がない場合は空白""を返す
※検索値がない場合は#N/Aを返す
※完全一致のみ対応、検索値は単一セル値限定


VBA作成タイム

この下に頂いた回答へのリンクと解説を掲載しています。
途中まででも良いので、できるだけ自分でVBAを書いてみましょう。


他の人の回答および解説を見て、書いたVBAを見直してみましょう。


頂いた回答

解説

引数チェックは仕様として困る範囲で行っています。
ユーザー定義関数では、実行時エラーは#VALUE!を返してくれるのでデータ型に頼りました。
範囲を列指定した場合の対処としてFindメソッドで最終行を取得しています。
配列で処理しましたが直接セルを参照しても良いでしょう。

Function ZLOOKUP(ByVal 検索値, ByVal 範囲 As Range, ByVal 列番号 As Long, ByVal 順番 As Long)
  ZLOOKUP = CVErr(xlErrNA)
  If 列番号 > 範囲.Columns.Count Then Exit Function
  If 順番 < -1 Then Exit Function
  
  Dim i As Long, lastrow As Long
  Dim s As Long, e As Long, p As Long
  lastrow = 範囲.Columns(1).Find(What:="*", LookIn:=xlFormulas, SearchOrder:=xlByRows, SearchDirection:=xlPrevious).Row
  lastrow = lastrow - 範囲.Row + 1
  s = 1: e = lastrow: p = 1
  If 順番 = -1 Then s = lastrow: e = 1: p = -1
  
  Dim ary, cnt As Long
  ary = 範囲.Resize(lastrow).Value
  If Not IsArray(ary) Then ary = 範囲.Resize(lastrow, 2).Value
  For i = s To e Step p
    If ary(i, 1) = 検索値 Then
      ZLOOKUP = ary(i, 列番号)
      If 順番 <= 1 Then Exit Function
      cnt = cnt + 1
      If cnt = 順番 Then Exit Function
    End If
  Next
  If Not IsError(ZLOOKUP) Then ZLOOKUP = ""
End Function


検索値が無い場合の速度対策としては先頭でMatch関数なりで確認したほうが良いのですが、あえてシート関数は使わずに作成してみました。
ユーザー定義関数は処理速度が遅くなりがちですが、便利ですし使えるようになっておくと良いと思います。
補足はありません。


補足

補足はありません。


サイト内関連ページ

第106回.Functionプロシージャー
プログラム(マクロVBA)内で特定の作業を実行し値を返すプロシージャです。これはつまり、Functionプロシージャで独自の関数をつくれるということです。Subプロシードャーとの違いは、値を返すか返さないかの違いです。
第107回.プロシージャーの引数
Subプロシージャー、Functionプロシージャーにおける、引数リストの指定について説明します。引数は、呼び出し先のプロシージャーに渡すデータを指定するものです。Callステートメントでプロシージャーを呼び出すときに指定する引数を、呼び出される側のプロシージャーで受け取る記述についてのVBA記述の説明になります。
ユーザー定義関数の作り方
マクロVBAを作成して、ボタンで一括処理…それほどではないが、関数だけではちょっと大変、そんな時は、ユーザー定義関数を使ってみましょう。作り方は簡単です。簡単な例でユーザー定義関数を作ってみましょう 上記は、引数を足し算して返すユーザー定義関数です。
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)
エクセルにスピルが登場して、VBAのユーザー定義関数の用途も広がってきていると思います。そこで、文字列を指定した記号・文字列で区切て、セルに出力するユーザー定義関数を作ってみましょう。VBAにはSplit関数がありますが、これをワークシート関数として使えるようにしてみましょうという事です。




同じテーマ「VBA100本ノック」の記事

59本目:12ヶ月分のシートを四半期で分割
60本目:「株式会社」の表記ゆれ置換
61本目:「ふりがな」の取得と設定
62本目:独自のZLOOKUP関数を作成
63本目:複数シートの連結
64本目:リンクされた図(カメラ機能)
65本目:固定長テキスト出力
66本目:全サブフォルダからファイルを探す
67本目:ComboBoxとListBox
68本目:全テキストボックスの転記
69本目:ダブルクリックでセル結合を解除


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

日付型と通貨型のValueとValue2について|エクセル雑感(2021-06-26)
DXってなんだ? ITと何が違うの?|エクセル雑感(2021-06-24)
エクセルVBA 段級位 目安|エクセル雑感(2021-06-21)
ローカル版エクセルが「Office Scripts」に変わる日|エクセル雑感(2021-06-10)
新関数SORTBYをVBAで利用するラップ関数を作成|VBA技術解説(2021-06-12)
VBA今日のひとこと on Twitter|エクセル雑感(2021-06-10)
VBAの演算子まとめ(演算子の優先順位)|VBA技術解説(2021-06-09)
画像が行列削除についてこない場合の対処|VBA技術解説(2021-06-04)
エクセル関連で「いいね」の多かったツイート|エクセル雑感(2021-05-17)
キーボード操作だけで非表示列を表示|エクセル雑感(2021-05-11)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.RangeとCellsの使い方|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ