VBA練習問題
VBA100本ノック 3本目:セルの消去

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2021-02-22

VBA100本ノック 3本目:セルの消去


セルの消去に関する問題です。
セルの値だけを消去します。


ツイッター連動企画です。
ツイート文字数制限があるので、ブック指定等省略可能な記述は省略しています。

VBAテスト用のサンプルデータは、VBA100本ノックの目次ページ からもダウンロードできます。
マクロVBAを初心者向けの基本から上級者向けの高度な内容までサンプルコードを掲載し解説しています。エクセル関数・機能・基本操作の入門解説からマクロVBAまでエクセル全般を網羅しています。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 3本目
画像のように1行目に見出し、A列に№が入っています。
№行数およびデータ行数は毎回変化します。
この表の見出し(1行目)と№(A列)を残して、データ部分のみ値を消去してください。
※シートはアクティブシート

VBA マクロ 100本ノック セル消去


サンプルファイルです。
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_03.xlsm
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_03.zip


VBA作成タイム

この下に頂いた回答へのリンクと解説を掲載しています。
途中まででも良いので、できるだけ自分でVBAを書いてみましょう。


他の人の回答および解説を見て、書いたVBAを見直してみましょう。


頂いた回答

解説

Range("A1").CurrentRegion.Offset(1, 1).ClearContents

Resizeを使って1行1列減らしている解答が目につきました。
CurrentRegionは空白セルで囲まれた範囲なので、Offset(1, 1)でずれた範囲のセルは必ず空欄です。
ClearContentsであれば、はみ出た部分については気にしなくても良いでしょう。


厳密な範囲にするならIntersectを使用すると簡単です。これについては記事の補足で。
また最終行を取得して範囲を求めようとするとかなり面倒です。
列を固定だとしても、

Dim lastRow As Long
lastRow = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
Range(Range("B2"), Cells(lastRow, "D")).ClearContents


補足

先に書いたように、Offset(1, 1)かつClearContentsであればズレてはみ出した部分については気にする必要が無いのですが、
きっちり表範囲だけで指定する場合について追記しておきます。
簡単な方法としてResizeとIntersectを使う方法がありますが、Intersectの方がより簡素な記述で済みます。

Resize
With ActiveSheet.Range("A1").CurrentRegion
  .Offset(1, 1).Resize(.Rows.Count - 1, .Columns.Count - 1).ClearContents
End With
Dim rng As Range
Set rng = ActiveSheet.Range("A1").CurrentRegion
rng.Offset(1, 1).Resize(rng.Rows.Count - 1, rng.Columns.Count - 1).ClearContents

Intersect
With Range("A1").CurrentRegion
  Intersect(.Cells, .Offset(1, 1)).ClearContents
End With
Dim rng As Range
Set rng = ActiveSheet.Range("A1").CurrentRegion
Intersect(rng, rng.Offset(1, 1)).ClearContents

CurrentRegion
Resize
Offset
Intersect
これらの仕様については、以下の関連ページを参照してください。


サイト内関連ページ

第28回.セル・行・列の選択(Select,ActivateとCurrentRegion)|VBA入門
・選択セルとアクティブセル ・セルの選択 ・セルをアクティブにする ・行の選択、列の選択 ・セル領域の選択 ・メソッドとはプロパティとは
第39回.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
・セル(Rangeオブジェクト)のクリア関係のメソッド(動作を与える) ・Range.Clear ・Range.ClearContents ・クリア関係メソッドについて
第82回.RangeのResizeプロパティ|VBA入門
・Resizeプロパティの構文 ・Resizeの使用例 ・Resizeのまとめ
第83回.RangeのOffsetプロパティ|VBA入門
・Offsetプロパティの構文 ・Offsetの使用例 ・Offsetの注意点 ・Offsetのまとめ
第102回.Intersectメソッド|VBA入門
・Intersectメソッド ・Intersectの使用例 ・Intersectメソッドの最後に




同じテーマ「VBA100本ノック」の記事

1本目:セルのコピー
2本目:セルのコピー
3本目:セルの消去
4本目:セルの消去
5本目:セルの計算
6本目:セルに計算式
7本目:日付データの扱い
8本目:点数の合否判定
9本目:フィルターコピー
10本目:行の削除
11本目:セル結合の警告


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

TOROW関数(配列を横1行の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
TOCOL関数(配列を縦1列の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
CHOOSECOLS関数(配列から複数の指定された列を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
CHOOSEROWS関数(配列から複数の指定された行を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
WorksheetFunctionの効率的な使い方とスピル新関数の利用|VBA入門(2022-10-27)
VSTACK関数(配列を縦方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
HSTACK関数(配列を横方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(配列操作関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(ヘルパー関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題集|エクセル入門(2022-10-24)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
9.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ